第20回 【四国IL plus 2015北米遠征】 「北米の地で『不動心』を備えよ」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第12戦)2015年06月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

北米の地で「不動心」を備えよ

3回を無失点に抑えた吉田 嵩(徳島インディゴソックス)

 このマッチレポートを読む前に前日のマッチレポートを見て頂けると大変ありがたい。その末尾にはこう記されている。

「はたしてこの『逞しさ』は本物なのか?それとも一過性のものなのか?」そういった観点からこの試合を一言で言えば「残念な試合」であった。

 北米独立リーグ「カナディアン・アメリカンリーグ(以下、キャンナムリーグ)」参戦中の「四国アイランドリーグplus ALL STARS」は現地時間6月23日(火)19:05(日本時間6月24日(水)8:05)より、トロワリヴィエール・エーグルスの3連戦第2戦。彼らは8回表までは非常に粘り強く戦った。しかし問題は8回裏である。

 4対4の無死満塁から3番手・小林 憲幸(愛媛マンダリンパイレーツ)のボークでトロワリヴィエール・エーグルスに勝ち越し点を与えると、四国アイランドリーグplus ALL STARSのユニフォームは糸の切れた凧のようにスタッド・フェルナンド・ベタールの天然芝をさまよう。次に彼らが気づいたとき、スコアボードには「6」という取り返しようがない数字が刻まれていた。

 その要因はいくつかあげられる。

 1つは1回表に失策で得た先制点を吐き出す形となった、4回表4失点中の最初の失点内容。無死三塁からの遊撃ゴロ。一塁送球が太陽と重なったことで1点を与えた上にさらにランナーを残した。これは遊撃手・四ツ谷 良輔(愛媛マンダリンパイレーツ)がステップを余計に一歩切れば、送球の方向を30センチ変えれば防げるミスである。

 これが内角にチェンジアップ、外角にストレートを配し丁寧に投げていた先発・松本 英明(高知ファイティングドッグス)のリズムを崩し8番・Mateoに豪快な勝ち越し3ランを浴びる遠因となってしまったことは否めない。

 もう1つは8回の先頭打者に小林憲が三塁打を打たれてしまった点。 攻撃陣は5回表二死満塁から4番・松嶋 亮太(三塁手・徳島インディゴソックス)が右中間へ2点適時打。さらに8回表には二死一塁から7番・河原 宏誓(捕手・愛媛マンダリンパイレーツ)が右中間を破る同点適時二塁打。対する投手陣も5回裏、3ランを浴びた場面から登板した2番手・吉田 嵩(徳島インディゴソックス)がランナーを出しながらも粘り強く抑える投球で3回無失点。

 前日の勝因となった「つながる」流れを作り始めていた直後、相手に再び付け入るスキを与えてしまったことが、悔やんでも悔やみきれない6失点につながってしまった。
その他に……言いたいことは山ほどあるだろう。ただ、結果は冒頭に記した通り8回裏に大量失点を喫しての「4対10」敗戦。これで「四国アイランドリーグplus ALL STARS」キャンナムリーグ通算成績は4勝8敗。残り5試合を残し、周囲から評価を得る基準値である5割以での成績維持へ崖っぷちに立たされたことも、動かしようのない事実である。

 そしてここは「四国アイランドリーグplus」ではなく北米の地のしかも、公式戦。キャンナムリーグの各チームにとって「四国アイランドリーグplus ALL STARS」はグラウンド外では新規顧客を呼び込む貴重な客人であっても、グラウンド内のスタッフにとっては海の向こうから自分たちの職域を奪いに来る「敵」である。

 その反面、逆の視点から考えれば四国アイランドリーグplus ALL STARSがグラウンド内外で勝利を手にする手法も見えてくる。揺れ動く2つの視点を理解し、動じない「己」を柱にすれば、どのような場面に接しても最小限の被害で対応できるはず。この敗戦を通じ彼らが学ばなければいけないこと。それは真の意味での「不動心」の尊さに他ならない。

 明日はトロワリヴィエール・エーグルスとの3連戦最終戦。まずはここで「不動心」をとくと見せてもらおう。キャンナムリーグ通算第13戦目は、ケベック州トロワリヴィエール「スタッド・フェルナンド・ベタール」において現地時間6月24日(水)19:05(日本時間6月25日(木)8:05)よりプレイボールを迎える。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国アイランドリーグplus ALL STARS1000200104
トロワリヴィエール・エーグルス00040006×10

四国アイランドリーグplus ALL STARS:松本英、吉田、小林、福永-宏誓
トロワリヴィエール・エーグルス:Rusch, Cote, Schmeltzer, Downing, Kreis-Lafrenz
本塁打: Mateo(トロワリヴィエール・エーグルス)

このページのトップへ


【次のページ】 監督、選手のコメント


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】
吉田 嵩(海星) 【選手名鑑】

コラム