第20回 【四国IL plus 2015北米遠征】 「北米の地で『不動心』を備えよ」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第12戦)2015年06月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

監督、選手のコメント

■中島 輝士監督
(8回裏無死満塁から決勝点になったボークについて)「アウェイの難しさ」に尽きます。ただ自分が苛立っていたら、どうしようもないので。それも1つの試練だと思っています。
ただ、ウチのバッターはカナダラウンドからはしっかり自分の「待ち球」を見られるようになりました。自分たちのスイングができるようになってきたし、北米遠征前半とは全然違っています。日本から来て最初は何もできなかったのが、2週間くらいで相手のバッターとかを見て勉強できている。それだけでもすごい進歩ですよ。

■5回表に2点適時打を放った松嶋 亮太(三塁手・徳島インディゴソックス)
チャンスは作れていたので、もっと点を取れていれば良かったんですが、走塁ミスも結構あったので。流れ的にも厳しかったです。トロワリヴィエール・エーグルス戦については、1勝1敗できているので最後の明日は勝ち越して終わりたい。チームとしてはヒットも出ているし、ピッチャーも0で抑える回も増えてきている。いいプレーも多いので、僕もチャンスでもうちょっと打てるよう頑張ります。

先発し5回無死までに4失点の松本 英明(投手・高知ファイティングドッグス)
今日はいつも通り試合には入れましたが、制球力がなかった。(5回裏に浴びた3ランホームランは)完全に自分の失投です。
第1打席で8番打者には、かなり低いボール球のチェンジアップをリーチが長くて拾われ、ツーベースを打たれていた。そこであの場面では(河原)宏誓(捕手・愛媛マンダリンパイレーツ)と話して、ストレートを最初に見せ球にして、チェンジアップで勝負しようとしていたんです。ところが、見せ球のストレートが甘く入ってしまいました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国アイランドリーグplus ALL STARS1000200104
トロワリヴィエール・エーグルス00040006×10

四国アイランドリーグplus ALL STARS:松本英、吉田、小林、福永-宏誓
トロワリヴィエール・エーグルス:Rusch, Cote, Schmeltzer, Downing, Kreis-Lafrenz
本塁打: Mateo(トロワリヴィエール・エーグルス)

このページのトップへ


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】
吉田 嵩(海星) 【選手名鑑】

コラム