第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ2016年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]負の連鎖を自らの力で切り拓く!
[2]監督、選手のコメント
[3]Twitterで収めた試合の様子や選手たちの素顔をまとめて紹介!

 6回裏一死二・三塁で間曽からマウンドを引き継いだ佐藤 宏樹(愛媛マンダリンパイレーツ)は連続三振でピンチを脱出し、2回3分の2を無失点リリーフ。9回裏からは岸本 淳希(香川オリーブガイナーズ)が踏ん張り試合は延長戦、さらに無死二塁からスタートするタイブレークの延長11回表に突入する。

10回表には一死満塁の絶好機を逃したカブキJAPANだが、このチャンスを逃すわけにはいかない。犠打と四球で得た一死一・三塁から佐藤・岸本を好リードしていた8番・鶴田 都貴(愛媛マンダリンパイレーツ)が執念のニゴロの間に、勝ち越しに成功。そして3イニング目のマウンドとなった岸本は一死三塁を気迫で抑えこむ。

待ち望んでいたマウンド上のハイタッチ。8日ぶりの勝利は6連敗を止め、通算勝利は7勝11敗。昨年の6勝10敗をついに勝ち数で上回った。「みんなが一所懸命やった結果、今日勝てたことが本当に喜ばしい」(中島 輝士監督)まさに粘り勝ちである。

 さあ、残りは泣いても笑っても2試合のみ。まずはキャンナムリーグ公式戦最終戦となるオタワ・チャンピオンズとの3連戦最終戦。現地時間6月30日19:05(日本時間7月1日 8:05)から彼らは最後の殻を破り、8勝目を手にキューバ代表との一大決戦への最終準備を整えにいく。

監督、選手のコメント

■中島 輝士監督
 みんなが一所懸命やった結果、今日勝てたことが本当に喜ばしいことだと思う。精一杯のことをやって負けていましたけど、これで呪縛が解けたと思う。あと2試合なんとかしたいね。

今日はミスも目立った。ミスがなければ延長になるようなゲームじゃなかったんだけど、それでも間曽(晃平・香川オリーブガイナーズ)と佐藤(宏樹・愛媛マンダリンパイレーツ)がよく投げたし、岸本(宥希・香川オリーブガイナーズ)も3イニングをタイブレークを含めてしっかり抑えてくれた。今日はこの3人がしっかり守り抜いてくれた。

それとツル(鶴田 都貴・愛媛マンダリンパイレーツ)のリードも途中から、ものすごく佐藤と岸本をいい形で引き出してくれたので、良かったと思います。

■佐藤 宏樹投手(愛媛MP)
 ツル(鶴田都貴・愛媛マンダリンパイレーツ)さんと一緒に組むのは聞いていたので、リードの通りに。ただただ、腕を振りました。ランナーを背負っている。同点に追いついた後とかいろいろ状況はありましたが、余計なことは考えられないので目の前のバッターを三振に取る。「空振りを獲る」「厳しいボールを投げる」ことだけを心がけて、サイン通りに腕振ることしか考えてなかったです。

最後の回(8回裏)に関しては、点を獲られなくってラッキーだったなって感じです。それまではしっかり腕が振れて、いいところに投げられていたんですけど、打たれたヒットも全部、空振り狙ったのが抜けて。最後もスライダーがポンと浮いて、たまたまショートフライになった。そこはホントに「運が良かったな」っていう感じでした。

ツルさんからも「この回をしっかり。抜けることが多いから」と言われたんですが、そこをしっかり投げ切ることができなかったのは課題ですね。

■鶴田 都貴捕手(愛媛MP)
 (6回表一死二・三塁のピンチで途中出場)最初から苦しい場面だったので、腹を決めて「行くしかないな」と。0点で守り切るのは本当に難しいことなんですけど、それができるように最善の策を練りながらやった結果として「0」を並べられたのはすごく良かったです。
昨日である程度はオタワ・チャンピオンズ打線の対応は分かったので。「こいつ、こんな感じ」というイメージはできていました。「打たれたら、しゃあないな」と開き直る反面「いける!」って部分も半分はありました。

■岸本 淳希投手(香川OG)
昨日は「そこで出たかった」って気持ちが非常に強かったんですが、投げることができなかった。そこで今日、また一緒の流れが来たなかで起用して頂いたので「1イニングずつ抑えて行こう」と全力で投げた結果が良かったと思います。
9回裏の最初はちょっと力みすぎて修正できなかったかな。でも(11回裏は)「ここで点獲られたら、また振り出しに戻るな」って自分のなかで考えていて。こういう場面がキャンナムリーグに来てから多いので「必死で抑えて勝とう!」という気持ちで投げました。次も自分のピッチングができれば。勝つピッチングができたらいいなと思います。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
四国IL plus ALL STARS000102000014
オタワ・チャンピオンズ002100010003

四国アイランドリーグplus ALL STARS:間曽、佐藤、岸本-垂井、鶴田
オタワ・チャンピオンズ:Chrismon,Moeller-Grauer




【次のページ】 Twitterで収めた試合の様子や選手たちの素顔をまとめて紹介!


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第15回 【四国IL plus 2016北米遠征】「7勝目」へ生みの苦しみ 投打の歯車合わせ、壁を破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
岸本 淳希(敦賀気比) 【選手名鑑】
佐藤 宏樹(大館鳳鳴) 【選手名鑑】
鶴田 都貴(神村学園) 【選手名鑑】

コラム