第6回 NPB入りを叶えることができるか?覚えておきたい独立リーグのドラフト候補たち2016年10月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 四国屈指の速球派・福永 春吾が有望
[2] BCリーグは投手では山崎、安江。打者では岡下に注目

 投手では又吉 克樹(関連記事)、野手では今シーズン二度目の首位打者を獲得した角中 勝也と独立リーグ出身の選手の健闘が目立つ。今年、どんな選手が候補なのだろうか。

四国屈指の速球派・福永春吾が有望

徳島インディゴソックス・福永 春吾投手

 四国独立リーグでは福永 春吾(徳島インディゴソックス)がダントツだ。昨年から徳島のエース格として活躍していた福永だったが、昨年は悔しい指名漏れ。この悔しさをバネに活躍してきた。今年は6勝6敗、防御率1.38とリーグ2位の防御率を残した。今年は最速154キロまで伸ばし、調子が良い時はストレート一本でねじ伏せてしまう投球は大きなセールスポイントとなるだろう。ドラフトまで運命の時を待つ。

 そして徳島インディゴソックスにはもう1人、木下 雄介という速球投手がいる。木下は前期までコントロールが乱れる場面があったが、後半以降は活躍を見せて、28試合で1勝2敗3セーブ、防御率3.45。150キロを超える速球を武器にする木下に吉報は届くか。

 高知ファイティングドッグスの平良 成は、一時期、野球をやめていた時期はあったが、小中学生のときに一緒にプレーしていた島井 寛仁の存在を知り野球を始めたという異色の経歴を持つ投手だ。今季はクローザーとして、2勝2敗13セーブと好成績を残した。直球で勝負できる速球投手として注目したい投手だ。

 四戸 洋明(愛媛マンダリンパイレーツ)は伸び盛りの右腕。国士舘高時代からドラフト候補として注目されたが、今季7勝を挙げて、ブレイクを果たした。まだ20歳ということで人気になりそうだ。


【次のページ】 BCリーグは投手では山崎、安江。打者では岡下に注目


【関連記事】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第15回 【四国IL plus 2016北米遠征】「7勝目」へ生みの苦しみ 投打の歯車合わせ、壁を破れ【2016北米遠征レポート】
第14回 【四国IL plus 2016北米遠征】「喜望峰」をつかむため 意欲的に黙々と前へ進め【2016北米遠征レポート】
笠井 崇正(旭川西) 【選手名鑑】
小林 義弘(山梨学院) 【選手名鑑】
四戸 洋明(国士舘) 【選手名鑑】
村田 陽春(日南学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する