2011年度版 大学生ドラフト特集(上)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 超一流〜橋本将と河原純一が愛媛マンダリンパイレーツに与えるもの(後編)2012年05月11日

リーグ開幕~チーム内に起こりつつある化学変化

徳島ISとの開幕戦、リーグ初安打初打点を放った橋本将

 4月1日。四国アイランドリーグplus、そして愛媛MP8シーズン目のシーズンが開けた。

 徳島ISのホーム・アグリあなんスタジアム。橋本将は「5番・指名打者」として出場。3回にはリーグ初安打となる適時打を放ってチームの勝利に貢献したプレーばかりでなく、「コーチが増えたようなもの」と星野監督も認める捕手への的確なアドバイスで、改めてその力を誇示。試合のみならず「いい時はいいと言ってくれるし、悪いときは自分で悪い原因を考えさせて、その後にアドバイスしてくれる」とNPB注目の5年目右腕・入野 貴大岡豊高→プロ育成野球専門学院)も語るように、練習でもその存在感は日に日に増している。

 一方、始動時期遅れからオープン戦のマウンドにも上がらなかった河原純一は、出場登録選手枠から外れたことでアグリあなんのベンチにその姿はなし。その後の練習でも「流されてやるようなことはよくない」という持論通りに自らの体と対話しながら、ペースを徐々に上げている。よって現時点では、まだ2人がチームに明らかな化学変化をもたらしているとはまだ言い切れない状況だ。

 ただその一方で、変化の兆しは確実に現れてきた。たとえば入団5年目、開幕戦ではランニングホームラン含め、これまでにない積極的な走塁が光った髙田泰輔(新田高)。自身は、その変化のわけをこう語る。

 「今年は高知FDから足の速い(昨年盗塁王)流大輔さん(祐誠高→福岡オーシャンズ9・5年目)が移籍してきたので、結果を残している人から聞いて勉強しようとしています」

 事実、練習を眺めてもチーム内での野球会話は明らかに増えた。「結果を残している人から聞く」。この空気感が生まれつつあることこそが、2人が生んだここまで最大の化学変化なのかもしれない。
 NPB同様、これからGWの連戦を迎える四国アイランドリーグplus。その中で2人の力が必要とされるときは必ず来るはずだ。そのとき、更なる化学変化がどのように生まれるのか?今はその瞬間を心して見てみたい。

(文=寺下 友徳


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第41回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 「練習生から胴上げ投手、NPB入りへ」 Vol.3  【2014年インタビュー】
第40回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー  練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」 Vol.2 【2014年インタビュー】
第30回 ザック・コルビー捕手兼内野手(愛媛マンダリンパイレーツ) 【2014年インタビュー】
第18回 愛媛マンダリンパイレーツ 藤長賢司 選手 【2013年インタビュー】
第14回 石川ミリオンスターズ 木田優夫 選手 【2013年インタビュー】
川崎北 【高校別データ】
駒大高 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する