第7回 アメリカ独立リーグの現実:苦境に立たされる弱小リーグ(下)2014年02月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
アメリカ独立リーグの現実:苦境に立たされる弱小リーグ(後編)

【目次】
[1]「プレー」という商品と「身近な娯楽」というキャッチコピー
[2]底辺に向かって拡大しつつあるプロ野球の裾野
[3]独立リーグ界で進む「階層化」

【特別映像】アメリカ独立リーグ

 後編コラムの前に、アメリカの独立リーグの球場の様子を映像にてお届けします。スタンドの観客が一体となってダンスをしたり、喜んだり。また、グラウンドの中の選手たちのプレーする様子など、ぜひ動画を通じて現地の雰囲気を体感してみてください。

(撮影・石原豊一)

「プレー」という商品と「身近な娯楽」というキャッチコピー

 前編で紹介した現状は、これまで日本で報道されている「成功を収める本場の野球ビジネス」とはずいぶんかけ離れたものである。もちろん、1試合平均5000人以上の観客を設備の整った新造のボールパークに集め、MLB傘下の上位リーグにひけをとらないプレーを見せているリーグも存在する。しかし、その一方で、衆目を集めることなく消え去ってゆくリーグ、球団もアメリカでは後を絶たない。

 当たり前の話だが、独立リーグという「商品」の良し悪しを決める根本は、選手たちが見せるプレーである。よりよいプレーを見せるためには、質の良い「原料」つまり選手を集めてくる必要がある。彼らはプロである以上、より多くの報酬を支払うリーグ、チームと契約する。しかし、特定のチームに好選手が集まってしまうと、リーグ戦の興味はそがれてしまう。少なくとも同一リーグの内部においては、戦力はある程度均等化されなければならない。したがって、各リーグは、プロキャリアに応じたカテゴリー分けを行い、それぞれに人数制限を設けて、加盟チームにスカウティングさせる。このカテゴリー区分は、そのまま選手への報酬に反映されるから、これによりリーグ内部においては、各球団の人件費と戦力はある程度均一化できる。
 しかしこの結果、他リーグとの比較においては格差が生じることにはなってしまう。結局のところ、ビックマーケットを控えた、財政的に豊かなチームで占められるリーグのレベルは必然的に高くなるし、そうなると観客も集まり、興業的にも成功を収めることができる。その逆もしかりである。 また、レベルの高いリーグで一旦財政的に困難に陥ったチームは、選手報酬を削ることによってペナントレースでの不振を招き、結局はそのことがファン離れを起こし、ますます苦境に立たされることになる。

フォートワースキャッツの試合前の風景

 ダルビッシュ 有投手が活躍するテキサスレンジャーズは、州の中心に位置するダラスとフォートワースの中間、アーリントンに本拠を置く。このメジャー球団は、両都市とその衛星都市を商圏に組み入れている。
 このエリアにもマイナーのチームが2つある。ともにメジャー傘下のチームではなく独立リーグのチームなのであるが、メジャーの商圏にマイナーのチームが置かれることは珍しいことではない。「もちろん、レンジャーズも観に行くわよ。でも、それは『ときどき』のことね。私たちはもっぱらここに来るのよ。シーズンチケットも買ったわ」

 フォートワースの町はずれにあるラグレイブ・フィールドの駐車場でバーベキューをしていた一団に声をかけた時のメンバーの女性の返事だ。 近年すっかりカネのかかるレジャーになってしまったメジャー観戦。50ドルのチケットに、1杯10ドル近くするビール、ホットドックを加え、お土産のグッズでも買おうものなら100ドルなど簡単に越えてしまう。実際、アカデミックな調査においても現在のメジャー観戦にはひとり1回につきこれくらいはかかるという。メジャーリーグはすっかり贅沢な娯楽となってしまったのだ。
 いわば「ハレ」の娯楽であるメジャーリーグ観戦に対し、毎週末に気軽に足を運べる「ケ」のレジャーとして独立リーグが勃興してきたのはある意味必然とも言える。10ドルのチケットに、町で買うのと変わらない価格のフードにドリンク。スタンドも小さいので子供を遊ばせておいても見失う心配もない。

ラグレイブフィールド(フォートワース,ユナイテッドリーグ)

 ダウンタウンから車で5分でたどりつくこのスタジアムは、スタンドからフォートワースの摩天楼が望める絶好のロケーションに位置する。この町に2001年に誕生した独立球団、キャッツは今年までの13シーズンで実に5つのリーグを渡り歩いてきたサバイバル球団である。
 このチーム自体の人気は決して悪くはない。2013年シーズンも40の主催ゲームで計9万人超、1試合平均2251人を集めている。この数字は現在の独立リーグ全体としても平均以上と言える。MLB傘下のマイナーに当てはめると、アドバンスA級相当ということになる。

 MLB傘下のチームでもプレーしていたという選手の話ではプレーレベルもほぼこのクラスであるらしいことを考えると、ビジネスとして十分に採算ベースに乗っていると思われる。
 しかし、リーグ戦を展開するとなると、他のチームの安定的存続が欠かせない。その点において、人口希薄地域でもあり、それなりの規模の集客をのぞめる都市はすでに2A級テキサス・リーグに抑えられているこの地域での独立リーグ展開という状況下に身を置かざるをえないフォートワースは不幸であったと言える。

 球団発足当初に加盟していた、ジョージアからテキサスに展開されたオールアメリカン・アソシエーションは、たった1年で解散。翌シーズンは1994年から継続してテキサス、ルイジアナ州に根を張っていたセントラル・リーグに移籍し、2005年には初優勝を遂げるが、皮肉なことにこのシーズンをもってリーグが休止する羽目になった。それでも翌2006年シーズンはこの年から活動を開始したアメリカン・アソシエーションに加盟、ここでも連続優勝を果たし、球団としては3連覇を遂げる。
 しかし、元メジャーリーガーやWBC各国代表選手も多く抱えるこのリーグのサラリーキャップはこの球団の財政を圧迫したようである。アメリカン・アソシエーションの1試合平均の入場者数は3000人を越える。つまりこのリーグでの球団経営にはこのくらいの入場者が必要なのだが、4100席の本拠・ラグレイブ・フィールドでは、年間トータルでこの数字を出すことは困難だった。
 結局、フォートワース・キャッツは、2012年シーズンを前に「負け組」のノースアメリカン・リーグに移籍した。このリーグの南地区は、先述のとおり、セントラル・リーグの後継としてテキサス地区に2006年から展開されていたユナイテッド・リーグが母体となっており、地区を越えた交流戦のほとんどないこのリーグであれば、フォートワース球団がアメリカン・アソシエーション時代に抱えていた、長距離の遠征の多さという問題が解決されるとみられた。しかし、結局このリーグもこの年限りで休止してしまい、現在フォートワースは新生ユナイテッド・リーグの看板チームとして活動を続けている。

 メジャー傘下のチームだった歴史を踏襲し、旧球場と同じ位置に復興されたスタジアムに本拠を置き、ニックネームの「キャッツ」をそのまま使用、そしてかつての親球団のドジャーブルーをチームカラーとするなどの工夫が受け入れられて、ラグレイブ・フィールドは連日の賑わいを見せている。しかし、加盟するユナイテッド・リーグは、財政基盤の弱い球団の集まりで、選手の報酬も大半が月給1000ドル以下とあってゲーム自体の魅力にも乏しく、リーグ全体では1試合平均1200人ほどの動員力しかない。フランチャイズもフォートワース以外は「陸の孤島」とでもいうべき僻地に位置しており、私が取材した日の対戦相手であるコルツのホームタウン、サンアンジェロなどは現在では長距離バスも通っていない。このようなフランチャイズ展開ではファンの獲得も容易ではなく、今シーズンも1994年のテキサスルイジアナ・リーグ以来の名門であったアレキサンドリア・エーセズが、主催23試合で計7660人(1試合平均333人)という数字を残してシーズン半ばで活動を休止した。
 安定した経営もあってレギュラーシーズンを1位で通過したフォートワースは、2位のエディングバーグ・ロードランナーズに2勝3敗で敗れたものの、プレーオフのすべての試合を主催し、連日多くの観衆をラグレイブ・フィールドに集めた。しかし、ユナイテッド・リーグの現状を眺めると、このチームが来年もこのリーグの一員としてこの球場に帰ってくる保障はない。

 こうしてみると、いくら小規模のリーグであっても、1試合平均最低1000人の観客動員は、必要であろう。この数字は、日本の独立リーグに対しても大きな示唆を与えるのではなかろうか。

このページのトップへ


【次のページ】 底辺に向かって拡大しつつあるプロ野球の裾野


【関連記事】
第10回 NPBで活躍する独立リーグ出身選手たち【独立リーグコラム】
第13回 2014四国アイランドリーグplus総括 「日本野球の『名脇役』から、日本市場の『勝ち組』となるために」(前編)【シーズン展望・総括】
第12回 2013四国アイランドリーグplus総括 「成功者」に到達するための過程(後編)【シーズン展望・総括】
第11回 2013四国アイランドリーグplus総括 「成功者」に到達するための過程(前編)【シーズン展望・総括】
第26回 香川オリーブガイナーズ 国本 和俊 内野手 【2013年インタビュー】
第25回 又吉克樹投手(香川オリーブガイナーズ) 【後編】 【2013年インタビュー】
第24回 又吉克樹投手(香川オリーブガイナーズ) 【前編】 【2013年インタビュー】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】

コメントを投稿する