第10回 NPBで活躍する独立リーグ出身選手たち2015年05月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]オリックスの「新4番」 カラバイヨの「凄みがかった」独立リーグ時代
[2]変わらない「全力」 亀澤 恭平内野手(中日ドラゴンズ)に見る独立リーグ出身者の強み
[3]NPB連続ホールド記録を出したバリオスも実は……。 彼らに続け、独立リーグ出身者たち

変わらない「全力」
亀澤 恭平内野手(中日ドラゴンズ)に見る独立リーグ出身者の強み

亀澤 恭平内野手(中日)

「変わらないな」。今年2月、沖縄での中日ドラゴンズキャンプで亀澤 恭平内野手を見た際の第一印象である。何が変わらないかというと「全力」の姿勢である。

 打率.303・26盗塁をマークした2011年の香川オリーブガイナーズ当時。福岡ソフトバンクホークス3軍のメンバーとして四国アイランドリーグplusとの交流戦にも出場していた3年間の育成選手時代。そしてユニフォームが変わり、背番号も「124」から「53」と二桁になった今。確かに攻走守のレベルは4年前より格段に上がった。

 ただ、どんな状況下でも、どんな当たりでも一塁まで全力で駆け抜ける走りには変化なし。その時「一塁まで何秒でした?」と筆者に尋ねていたことが鮮明に甦ってきた。

 開幕2戦目のスタメン出場のチャンスをつかみ、ここまで32試合出場で100打数32安打・打率.320の好成績を残している亀澤であるが、技術ベースの土台に「全力」があることが、ここまでの躍進を支えているといってよいだろう。

 実はこの「全力を出す」経験を持っていることが、独立リーグ出身者にとって最大の強みである。結果を残せなければ野球自体を諦めざるを得ないハングリーな世界の中で、選手たちは何をまずすべきか。突き詰めるまでもなく「全力」以外に他はない。

 昨年ルーキーイヤーで67試合登板9勝1敗2セーブ24ホールドと大ブレイクを果たし、今年3月には侍ジャパントップチーム入りを果たした亀澤のチームメイト・又吉 克樹(香川オリーブガイナーズ2013年所属)も、全力から脱力の加減を会得したことがドラフト2位指名の栄誉につながった。今季はやや不調に陥っている又吉であるが、この過程を思い出せば、復活の日はそれほど遠くない。

コラムに登場した選手の記事は以下から
又吉 克樹選手インタビュー【前編】(2013年12月03日公開)
又吉 克樹選手インタビュー【後編】(2013年12月10日公開)

このページのトップへ


【次のページ】 NPB連続ホールド記録を出したバリオスも実は……。 彼らに続け、独立リーグ出身者たち


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第47回 森 亮太外野手(福井ミラクルエレファンツ)vol.2「様々な経験と学習を糧に『脚』で勝負する」 【2015年インタビュー】
第46回 森 亮太外野手(福井ミラクルエレファンツ)vol.1「『天性』を『習性』に変え、今年こそNPBへ」 【2015年インタビュー】
入野 貴大(岡豊) 【選手名鑑】
靍岡 賢二郎(春日部共栄) 【選手名鑑】
寺田 哲也(作新学院) 【選手名鑑】

コメントを投稿する