第32回 河田 直人選手(高知ファイティングドッグス)2014年10月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]弘田澄男さんの出会いで打撃開眼
[2]苦手な走塁、守備に向き合って、走攻守全てに自信が持てるようになった
[3]フェニックスリーグでアピールをしていきたい

フェニックスリーグでアピールをしていきたい

河田 直人選手(高知ファイティングドッグス)

――NPBを目指すとなると周りから成績が求められると思うのですが、成績にとらわれすぎて、力が発揮しにくいとも聞きます。河田選手の場合はどうやって成績に対するプレッシャーに打ち勝っていますか?

河田 打率面は意識しないことですね。打率は上昇したり、下降したりすることが常にあるので、それを気にしすぎても仕方ないですよね。
僕の場合は1日2本ヒットを打つことを決めています。そういう積み重ねで、3割打てればと思ってやっています。

 打率よりもこだわっているのは打点。大事なのは勝負所で打って打点を挙げられればチームの勝利にも貢献できますし、最高ですよね。僕が打点を多くあげられれば、前後期ともチームは3位にならなかったと思いますし、もっと上へ行けたと思います。

――高知ファイティングドッグスをはじめ、アイランドリーグの球団の首脳陣は元NPBの方が多いですが、河田さんにとって刺激になった言葉はありますか?

河田 よく言われるのは、NPBで苦労するのではなく、独立リーグで苦しんで、上で楽にやれるようにしろということです。入団当初のまま、NPBに行っていたら全く通用しなかったかもしれません。ですが、この2年間で、走攻守のすべてに磨きをかけて成長することが出来ました。

――最後にNPBにこういうことをアピールしたいというのを教えてください。

河田 去年の僕は打撃だけでした。オフに、足を速くするトレーニングもやってきて走れるようになってきましたので、塁間タイムも速くなっている実感があります。守備は打球判断にも、肩にも自信を持っているので、スカウトの方には走攻守すべてを見てもらいたいと思っています。
ラストアピールは10月のフェニックスリーグしかありません。そこでNPB入りへ向けて勝負をしていきたいと思います。目標はロッテの角中 勝也さんです。角中さんのような打撃と走塁が出来るような選手になっていきたいと思います。

(インタビュー・河嶋 宗一

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ


プロフィール

ザック・コルビー
河田 直人(かわだ・なおと 外野手)
  • 生年月日:1992年4月15日生(22歳)
  • 出身地:大阪府
  • 180センチ85キロ
  • 右投左打
  • 経歴:生光学園-愛知学院大(中退)-高知ファイティングドッグス
  • 選手名鑑:河田 直人
【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第19回 高知ファイティングドッグス サンホ・ラシィナ 選手 【2013年インタビュー】
第13回 高知ファイティングドッグス 梶田宙 選手 【2013年インタビュー】
生光学園 【高校別データ】

インタビュー