第35回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.22014年12月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]腐っていた大学生活の先にあった「光明」
[2]監督、コーチの粋な計らいで才能開花へ
[3]新潟で「プロ」へのスタートラインに

寺田選手インタビューバックナンバー
第1回 野球を始めたルーツと高校時代について

 Vol.1では、エースと甲子園出場を目指した寺田 哲也投手の高校時代を振り返りました。Vol.2では、寺田投手の大学時代、新潟アルビレックスBC時代のエピソードを振り返っていきます。今でこそストイックに打ち込み、ミスター独立リーガーと呼ばれる寺田投手でしたが、大学時代は腐りかけていた時期があったようです。そこからどう立ち直っていったのでしょうか。

 高校時代を振り返ったVol.1 第34回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ)
  寺田投手がアルビレックス新潟時代、香川オリーブガイナーズ時代を通じて学んだ技術論、プロフェッショナル論を語ったVol.3は12/10(水)公開予定です!

腐っていた大学生活の先にあった「光明」

――最後の夏・栃木大会を経て、次の進路選択を考える時期になりました。

寺田 この時も強い大学がどこかも判りませんでしたし、実際にほとんど推薦の話もなかったので、作新学院大にしました。ただ、3年までは記録に残るような成績はありません。4年生のときの一年間で6勝。そんなもんです。

――でも、練習はきちっとしていたんですよね?

寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ)

寺田 いや、3年まではきちっとした記憶がないです。最後の一年間だけは「自信を持ってやった」と言えますけど…。
1年春は3試合に先発させて頂いたんですよ。チームは10連敗でしたけど。ところが、そこで右足首をけがして、不貞腐れて、1年夏過ぎに少しよくなって練習に出たけど感覚が悪く、当然結果も出ず。

 今度は2年秋の新人戦が終わった時点で、周りから自分の持ち味である「テイクバックが見えている」と指摘を受けて、直したら130キロも出なくなり、また不貞腐れてグラウンドに来ても野球をしない。「人のいないところでランニングはするけど、みんなの前ではしない」ような、そんなひねくれたようなことをしていたんです。

 そんな感じで3年の春までいったら、3年夏にチームメイトからも『もう野球を辞めてくれ』と言われて。でも『野球を続けさせて下さい』と言って3年秋が終わったんです。そこから一年間は頑張りましたけど、同級生からは今でもよくは思われていないと思います。連絡を取れるのも1人か2人くらい。

このページのトップへ


【次のページ】 監督、コーチの粋な計らいで才能開花へ


プロフィール

ザック・コルビー
寺田 哲也(てらだ・てつや 投手)
  • 生年月日:1987年4月2日(27歳)
  • 栃木県河内町(現:宇都宮市河内町)生まれ
  • 183センチ90キロ
  • 右投右打
  • 田原小学校3年時に近所の友人に誘われ、田原サンライズ(現:NTサンライズ)でプレーを始める。田原中では投手から外野手が主ポジションになり、3年時には「第19回全日本少年軟式野球大会」に出場。横浜スタジアムの土を踏み、岡山クラブ(岡山県)を破って1勝をマークした。なお、なでしこジャパン2011年ドイツ女子W杯優勝メンバーの鮫島彩(ベガルタ仙台レディース)は中学時代の同級生。

    高校は地元の作新学院へ。2年秋に背番号「11」でセンバツを経験も出場はなし。3年春にはエース格として関東大会優勝を果たすも、最後の夏は準々決勝で涙を呑む。当時のストレートの最速は137キロ。

    作新学院大では高校時代からのチームメイト・笹沼 明宏(全足利クラブ~福岡ソフトバンク育成<2012~2014>とバッテリーを組み、4年間での関甲新学生野球1部リーグ通算成績は6勝5敗。
    大学卒業後の2010年にベースボール・チャレンジリーグ・新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団。1年目から6勝と頭角を現し、3年目の2012年にはレギュラーシーズン24試合登板で166回を投げ、145奪三振14勝4敗・防御率2.60。最多勝・最多奪三振に加え、ベストナイン・後期・年間最優秀選手(いずれも投手部門)と最優秀防御率を除き個人タイトル総なめ。新潟の上信地区前後期優勝・プレーオプ優勝、リーグチャンピオンシップ優勝。そして香川オリーブガイナーズを3連勝で下しての初の独立リーグ日本一へ大車輪の活躍を見せた。

    翌年もレギュラーシーズン19試合登板で133回を投げ、107奪三振15勝2敗・防御率1.35。前年に続き、最多勝・年間最優秀選手・後期最優秀選手・ベストナイン(いずれも投手部門)を受賞。加えて最優秀防御率・前期最優秀選手(投手部門)も獲得したが、チームは上信地区前後期優勝・プレーオプ優勝も、チャンピオンシップで石川ミリオンスターズの前に敗退。自らのNPB入りも果たせず、四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズへの移籍を決意する。BCリーグ4年間のレギュラーシーズン通算成績は97試合登板・41勝21敗・561回3分の1を投げ、被安打487 奪三振433 与四死球169 自責点161 防御率2.58。

    香川では開幕投手を務めるなど当初はローテーションの柱として活躍したが、前期終盤からは中継ぎ・抑えなども兼務。フォークをマスターしたことで投球の幅も広がり、球速も149キロまで伸ばした。香川では自己最多の43試合登板・6勝4敗6セーブ・148回3分の1を投げ、被安打125 奪三振145 与四死球47 自責点48 防御率2.91の成績を残し、最多奪三振のタイトルを獲得。東京ヤクルトからドラフト4巡目指名を受け、年間グラゼニ賞も受賞した。

    リリースポイントを最後まで見せない独自のフォームから最速149キロのストレート、スライダー、フォークなどを操るナイスガイ。今年11月4日には大学時代から7年間交際していた1歳下の祥子さんと入籍。公私ともに気持ちを込めてNPBの舞台へ羽ばたく。

【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」 【2015年インタビュー】
第38回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.5 【2014年インタビュー】
寺田 哲也(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】

インタビュー