第36回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.32014年12月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「一年間野球ができる幸せ」から飛躍への助走へ
[2]大活躍もNPB指名はなし。「最後」と思った時に……。
[3]「その感覚」を得るために、四国・香川へのラストチャレンジを決断

寺田選手インタビューバックナンバー
第1回 野球を始めたルーツと高校時代について
第2回 苦難多きの大学時代と、自信を掴んだアルビレックス新潟時代

「その感覚」を得るために、四国・香川へのラストチャレンジを決断

香川へ移籍を決断した寺田 哲也投手

――ということは「その感覚」がなかったら、今の寺田 哲也はないのですね?具体的に、もう少し教えてください。

寺田 1週間完全に身体を休めてからトライアウト受験のためにボールを握り始めたんですけど、そこで「ん?」となったんですよ。
この2013年はストレートとチェンジアップの修正ができたので結果は残せましたが、シュートも投げられて、ストレートとスライダーで常にストライクを取れた2012年と比べて自分の感覚は悪かったんです。
ただ、この時はストレートにしても、変化球にしても、身体の使い方にしても手ごたえを得られたんです。

――思い出が詰まった新潟を離れる決断もしました。

寺田 野球を続けることは決めましたが、「翌年はNPBに選手を多く輩出している香川に行きたいな」と思って。そこで新潟にも「リーグを変えて最後の1年、チャレンジしたい」という話をしたら、了承して頂きました。

――新潟所属時代、香川や四国アイランドリーグplus(以下、四国IL)に感じていたことは?

寺田 「四国は強い」というイメージしかなくて。僕らが2010年に香川とGCSで戦う前年には石川ミリオンスターズが徳島インディゴソックスと対戦し、はじめてBCリーグのチームが独立リーグ日本一になりましたけど。
2010年もBCリーグを取材されている記者さんに「香川を倒して本物だからね」とも言われていたんです。「わかりました。なんとかして勝ちます」と答え、3連勝はできましたが、大会前は強さも判っていたので自信と不安が入り混じっている感じでした。

 ですから、みんなからはいつも「淡々と投げるね」と言われるんですけど、2012年のGCSは頭は冷静でも気持ちはとてもエキサイティングに投げていました(笑)。

――改めてBCリーグの4年間で得たものはありますか?

寺田 言葉では表現できないほどたくさん得たものはあります。野球もそう。社会的なものもそう。全方向から得るものはありました。感動を与えることがプロの仕事ですし、普通の人ができないことをすることもプロ。他にもいろいろ得たものはありますが、それが一番だと思います。

――2012年に独立リーグ日本一になった時に、最も感じたことかもしれませんが、自分たちの結果で喜んでくれる方々がいることも知ることができたと思います。

寺田 NPBに比べたら数は少ないかもしれませんが、ファンあっての僕たち。「ファンと一緒に日本一を目指す」感覚は年を重ねるごとに強くなっています。1年目は口で言っていても理解のレベルは低かったですが、経験を重ねることで言うことによる意味を感じるようになりました。学生野球とは異なる、いい経験ができたと思います。

 こうして新潟アルビレックスBC入りして、技術、精神的にも大きく成長を果たし、プロ野球選手として自信を掴んだ寺田選手。新潟アルビレックスBC時代は圧倒的な成績を残したが、夢かなわず、ラストチャンスをかけて香川オリーブガイナーズへ移籍を決断する。Vol.4では香川オリーブガイナーズへのエピソードへ移っていく。

(インタビュー・寺下 友徳

このページのトップへ


プロフィール

ザック・コルビー
寺田 哲也(てらだ・てつや 投手)
  • 生年月日:1987年4月2日(27歳)
  • 栃木県河内町(現:宇都宮市河内町)生まれ
  • 183センチ90キロ
  • 右投右打
  • 田原小学校3年時に近所の友人に誘われ、田原サンライズ(現:NTサンライズ)でプレーを始める。田原中では投手から外野手が主ポジションになり、3年時には「第19回全日本少年軟式野球大会」に出場。横浜スタジアムの土を踏み、岡山クラブ(岡山県)を破って1勝をマークした。なお、なでしこジャパン2011年ドイツ女子W杯優勝メンバーの鮫島彩(ベガルタ仙台レディース)は中学時代の同級生。

    高校は地元の作新学院へ。2年秋に背番号「11」でセンバツを経験も出場はなし。3年春にはエース格として関東大会優勝を果たすも、最後の夏は準々決勝で涙を呑む。当時のストレートの最速は137キロ。

    作新学院大では高校時代からのチームメイト・笹沼 明宏(全足利クラブ~福岡ソフトバンク育成<2012~2014>とバッテリーを組み、4年間での関甲新学生野球1部リーグ通算成績は6勝5敗。
    大学卒業後の2010年にベースボール・チャレンジリーグ・新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団。1年目から6勝と頭角を現し、3年目の2012年にはレギュラーシーズン24試合登板で166回を投げ、145奪三振14勝4敗・防御率2.60。最多勝・最多奪三振に加え、ベストナイン・後期・年間最優秀選手(いずれも投手部門)と最優秀防御率を除き個人タイトル総なめ。新潟の上信地区前後期優勝・プレーオプ優勝、リーグチャンピオンシップ優勝。そして香川オリーブガイナーズを3連勝で下しての初の独立リーグ日本一へ大車輪の活躍を見せた。

    翌年もレギュラーシーズン19試合登板で133回を投げ、107奪三振15勝2敗・防御率1.35。前年に続き、最多勝・年間最優秀選手・後期最優秀選手・ベストナイン(いずれも投手部門)を受賞。加えて最優秀防御率・前期最優秀選手(投手部門)も獲得したが、チームは上信地区前後期優勝・プレーオプ優勝も、チャンピオンシップで石川ミリオンスターズの前に敗退。自らのNPB入りも果たせず、四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズへの移籍を決意する。BCリーグ4年間のレギュラーシーズン通算成績は97試合登板・41勝21敗・561回3分の1を投げ、被安打487 奪三振433 与四死球169 自責点161 防御率2.58。

    香川では開幕投手を務めるなど当初はローテーションの柱として活躍したが、前期終盤からは中継ぎ・抑えなども兼務。フォークをマスターしたことで投球の幅も広がり、球速も149キロまで伸ばした。香川では自己最多の43試合登板・6勝4敗6セーブ・148回3分の1を投げ、被安打125 奪三振145 与四死球47 自責点48 防御率2.91の成績を残し、最多奪三振のタイトルを獲得。東京ヤクルトからドラフト4巡目指名を受け、年間グラゼニ賞も受賞した。

    リリースポイントを最後まで見せない独自のフォームから最速149キロのストレート、スライダー、フォークなどを操るナイスガイ。今年11月4日には大学時代から7年間交際していた1歳下の祥子さんと入籍。公私ともに気持ちを込めてNPBの舞台へ羽ばたく。

【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」 【2015年インタビュー】
第38回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.5 【2014年インタビュー】
寺田 哲也(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】

インタビュー