第40回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー  練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」 Vol.22014年12月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 Vol.1では、山本雅士投手の高校時代、入団当時のエピソードを紹介していきました。Vol.2では練習生時代に学んだプロフェッショナルの技術論に触れて、成長を果たし、そして選手契約を果たすまでのストーリーを紹介していきます。彼のサクセスストーリーにはどんな秘密があったのでしょうか。

 Vol.3は12月27日(土)公開予定です!

【目次】
[1]練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」
[2]自主トレで深めた「ボトムアップ」で2年目、ついに選手契約
[3]制球力・スローカーブ・データetc…「ボトムアップ」で自信の投球へ

山本選手インタビューバックナンバー
第1回 僕が築き上げた「1人ボトムアップ」

練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」

――昨年は練習生の立場でしたが、広島東洋カープから育成選手派遣されていた小松 剛投手(NPB一軍で6勝6敗。現:広島東洋カープ広報)など「プロフェッショナル」に触れる機会も多かったと思います。

5月14日・高知ファイティングドックス戦でリーグ初完投初完封を果たした山本 雅士投手

山本 雅士投手(以下「山本」) 練習の時、キャッチボールの組み合わせは固定なんですが、僕は3人1組のときはたまたま小松さんと入野 貴大(来季から東北楽天ゴールデンイーグルス)2013年インタビューさんと一緒だったんです。
このお二人とキャッチボールをすると、ボールの回転が全く違う。「受ける時も勉強。投げる時も勉強」。キャッチボールの大切さをはじめて知りました。今ではブルペンのピッチングよりむしろキャッチボールの方が大事だと思います。

――キャッチボールで勉強になったことをもう少し噛み砕いて頂けますか?

山本 「キャッチボールの延長線上にピッチングがある」ということです。キャッチボールの段階からフォームバランスやボールの回転、リリースの感覚などチェックポイントがたくさんあることを学びました。一日一日テーマを持って、「今日のキャッチボールではそのうち、これを意識してやろう」という感じで進めました。

――小松投手から最初にアドバイスされたことを覚えていますか?

山本 「フォームバランスがリリース含め全てに影響するよ」と言われました。あとは全員でアップをした後、キャッチボール直前に肩やひじのストレッチを入れることなど、「1つ1つ細かいことがピッチングにつながるから」ということも教わって、気を配るようになりました。

――島田 直也監督(来季から横浜DeNAベイスターズ2軍投手コーチ)からも様々なアドバイスを頂いたそうですね。

山本 リリースの瞬間にだけ力を入れることや、目的を持って練習すること。「次の1球に何の意図があるか考えろ」とも言われました。このアドバイスがあって、ピッチング内容も変わりましたし、高校時代には全部力を入れて投げていたフォームも、右ひじを柔らかく、しなやかに使っていく意識を持ってできるようになりました。

――「考える」でいえば徳島の場合、練習生は公式戦で試合運営の他にスコアラーの仕事も入ってきます。これも大きかったのでは?

山本 スコアラーもやりましたし、「BSO」のカウント点灯係も。いろんなことをしました。でも、スコアラーをすると配球とかで勉強になることも多かったんです。香川オリーブガイナーズ(以下、香川)では又吉 克樹さん(現:中日ドラゴンズ)(2013年インタビュー【前編】【後編】)も投げていましたから、そのようないい投手が、どこに投げて、その次に何を投げるのかを見ていました。ですから、試合に出られなくても学ぶことはたくさんあったと思います。

――チームはリーグ総合優勝を果たすも、練習生のまま公式戦登板なしで終わった1年目。そしてシーズンが終わると多くの選手がチームを去る「プロの厳しさ」も味わったと思います。

山本 先輩たちが年間優勝する過程も見れましたし、厳しさも知りました。この先輩たちに追いつきたいと思いましたし、去っていく先輩方の穴を埋めたいとも思って、シーズンを終えても練習を続けていました。

このページのトップへ


【次のページ】 自主トレで深めた「ボトムアップ」で2年目、ついに選手契約


プロフィール

山本雅士
山本雅士(やまもと・まさし 投手)
  • 生年月日:1994年11月3日(20歳)
  • 広島県広島市安芸区出身
  • 173センチ78キロ
  • 右投左打

 最速146キロの伸びがあるストレートとカットボールが最大の武器。他にフォークやスライダー、今季からマスターしたスローカーブを操る右腕。広島市立瀬野小3年生でソフトボールを始め「瀬野小ソフトボールクラブ(現:瀬野ソフトボールクラブ)」で3年間プレー。広島市立瀬野川東中に進むと軟式野球部に転じ、広島県立安芸南高校で硬式野球へ。1年夏には早くも背番号「10」で登板した。

 しかし直後に腰と肩を痛め、3年までマウンドには戻れず最後の夏は背番号「3」で一塁手兼投手。3回戦で敗退するも満足感は得られず、四国アイランドリーグplusのトライアウト受験を決断。四国開催トライアウトでは1次試験を突破。2次試験合格・ドラフト指名は叶わなかったが、徳島インディゴソックス(以下、徳島)から練習生契約打診を受け受諾。2013年は徳島の練習生として一年間を過ごし、「Winter league」などで登板した。

 今季は開幕直前に練習生を脱し背番号「37」で選手契約を勝ち取ると、前期は先発、後期は中継ぎ・抑えで大車輪の活躍。愛媛マンダリンパイレーツとのリーグチャンピオンシップ、ルートインBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスとの日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップではいずれも胴上げ投手に輝き、四国4県知事連携チームMVPを受賞した。成績は31試合登板で4勝5敗6セーブ・102回3分の2を投げ被安打92 奪三振89 与四死球39で防御率2.54(リーグ5位)。

 10月23日には中日ドラゴンズ8位指名を受け、11月11日に契約金1,500万円・年俸600万円(いずれも推定)で仮契約。背番号「51」・登録名「山本雅士」でナゴヤドームでの躍動を期す。

【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第41回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 「練習生から胴上げ投手、NPB入りへ」 Vol.3  【2014年インタビュー】
第39回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 僕が築き上げた「1人ボトムアップ」 Vol.1  【2014年インタビュー】
安芸南 【高校別データ】

インタビュー