第12回 横浜DeNAベイスターズ 内村賢介 選手2013年02月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 山梨学院高からJFE西日本、その後、2007年に始まった北信越BCリーグの石川ミリオンスターズで、1年間プレー。同年のドラフトで、東北楽天ゴールデンイーグルスから、育成1位指名を受け、BCリーグ初のNPB選手となった。
 そして、NPB入り後の2012年、横浜DeNAベイスターズにトレード移籍。持ち前の俊足を武器に、活躍を残す内村賢介選手に今回はお話しを伺いしました。

【目次】
[1]石川ミリオンスターズ時代に打撃のコツ掴む
[2]足を生かした出塁率の高いプレーヤーを目指して

「3」野球をとにかく楽しんでいきたい

石川ミリオンスターズ時代に打撃のコツ掴む

――社会人野球を終えたあと、中学時代の恩師の提案で、2007年にスタートしたばかりのBCリーグ・石川ミリオンスターズに入団したと伺いました。当時は、どんな思いで最初のシーズンを迎えたのでしょうか?

内村賢介選手(以下「内村」) 2~3ヶ月ほど野球から離れていたので、NPBを目標にしていたというよりも、とにかく野球が早くしたかったという思いが一番強かったですね。ただ、時間が経つにつれて、もう1回NPBを目指そうという思いは強くなっていきました。

横浜DeNAベイスターズ 内村賢介 選手

――これからBCリーグの歴史を作っていく初年度だったという中で、内村選手はどのようなプレーをみせたいと考えていましたか?

内村 NPBを目指している人が集まっている集団なので、最初のうちは、『チームのことより、自分が結果を出すために頑張ろう』という気持ちがお互いに強かったと思います。ただ、試合をしていくうちに、チーム一丸となってプレーしないと勝てないとみんなが気付きました。それに、チームが勝たないとやっぱり野球はつまらないので。

――結果として初年度、石川ミリオンスターズは優勝を果たしましたね。当時の監督・金森栄治さんからは、どのようなことを教わったのですか?

内村 とにかく打撃ですね。打撃を徹底的に金森さんから教わりました。
 まず、シーズン開幕前に自分の目標を聞かれ、金森さんに『NPBに行きたいです』と伝えました。そしたら、当時、僕はスイッチで打っていたんですが、『じゃあ、右打ちに専念しろ』と言われたんですよね。確かに、これまで自分のやり方でNPBに行けなかったので、元NPB選手の方がそう言うのだから、まずやってみようと思いました。

――右打ちを習得するために、どんな練習をされたのでしょうか?

内村 投手がゆっくり投げたボールを打ち返したり、ティーバッティングでひたすら打ち込んだり。練習内容は、社会人野球時代とあまり変わりないですけど、指導内容はかなり濃かったですね。フォームは、考えながらやっていたんですけど、なかなか金森さんに言われたいことが理解できなくて。最初は全くダメで、それでもシーズン途中になると、感覚が掴めて、打てるようになってきました。とにかく、教わったことを実践し続けただけですね。

――具体的な指導のポイントというのは?

内村 『腰で打て』としか言われなかったですね。それだけですね。それだけでも、難しいんですよね。ただ、当時の金森さんの教えは、NPBに入ってから、やっと理解できたのかなとも思います。


【次のページ】 足を生かした出塁率の高いプレーヤーを目指して


プロフィール

内村賢介
内村 賢介
  • 1986年3月17日 東京都出身
  • 身長163センチ 体重65キロ 右投げ両打ち
  • 山梨学院属高校
    -JFE西日本
    -石川ミリオンスターズ
    -東北楽天ゴールデンイーグルス
    -横浜DeNAベイスターズ
【関連記事】
第11回 藤川 球児とタフィ・ローズ 2人の「レジェンド」が独立リーグにもたらす影響【独立リーグコラム】
第42回 石川ミリオンスターズ フリオ・フランコ監督兼選手「日本野球を変えた漢、独立リーグの変革者へ」 【2015年インタビュー】
第27回 端保 聡社長(石川ミリオンスターズ) 【2014年インタビュー】
第15回 石川ミリオンスターズ 大久保裕貴 選手 【2013年インタビュー】
第14回 石川ミリオンスターズ 木田優夫 選手 【2013年インタビュー】
第11回 横浜DeNAベイスターズ 冨田康祐 選手 【2012年インタビュー】
山梨学院 【高校別データ】

インタビュー