第13回 高知ファイティングドッグス 梶田宙 選手2013年03月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

~四国アイランドリーグplusの魅力とは~

 2013年で9年目のシーズンを迎える四国アイランドリーグplus。NPBを目指すゆえに入れ替わりの激しいリーグで、ただ1人9シーズン全てを選手として迎えようとしている30歳がいる。その男の名は50メートル走5秒8、遠投115メートルの肩を武器に高知ファイティングドックスの顔・梶田宙(かじた・ひろし)外野手<175センチ76キロ・右投右打>だ。誰よりもリーグの歴史を知り、喜びも悲しみも味わってきた梶田。そんな彼に自らを振り返ってもらいながら、丸8年間の四国生活で得たもの、四国アイランドリーグplusの魅力を語ってもらった。

【目次】
[1]「リーグ初安打、初盗塁、初得点」から始まった四国での独立リーグ生活
[2]NPBを目指し、「知識」を学ぶ日々
「3」四国の地で感じた「地域の支え」と「恩返し」
「4」独立リーグの機微を会得しつつ、勝負の9年目へ

「リーグ初安打、初盗塁、初得点」から始まった四国での独立リーグ生活

――今季で入団9年目を迎える梶田選手。まず2005年、創設された四国アイランドリーグに入ろうと思ったきっかけを教えてください。

梶田宙選手(以下「梶田」) 実は愛知大学を卒業する時、地元の軟式野球チームに入団の内定はもらっていたんです。ただ、その後に『今年から四国で独立リーグが始まる』という話を聞いて、トライアウトを記念に受けておこうかという感じで。
 記念に受けたら自分の調子もよくて、トントントンと受かって。トライアウトに合格した時に母親には大反対されましたが、硬式野球がやりたかったので入団を決めました。いつの間にか9年目ですけどね(笑)

――じゃあ、もし「記念受験」がなければ・・・。

梶田 今ごろ普通に軟式野球をやっていたでしょうね。でも、高知ファイティングドッグス(以下・高知FD)入団後は『NPBに進むためにやるしかない』と思って練習していました

――そして2005年4月29日・坊ちゃんスタジアム。愛媛マンダリンパイレーツ(以下、愛媛MP)戦において四国アイランドリーグが開幕しました。

梶田 僕がリーグ初安打初盗塁初得点でした。2番レフトで先発したんですが、1回表に1番バッター(松本早人)が三振した後、初球を打って(相手は西山道隆 同年ドラフトで福岡ソフトバンクホークス育成2位入団・その後、2006年に支配下登録され1軍公式戦7試合登板。現在、同チームファームスタッフ)レフト前ヒット。たぶん初球だったと思いますが、その後すぐ盗塁してヒットで初得点でした

――開幕戦の観衆は7,067人。華やかな雰囲気も感じされたと思います。

梶田 そうですね。創設者の石毛さん(石毛宏典・株式会社IBLJ代表取締役<当時>)も『始まります!』と宣言したとき、とても喜んでいたことは覚えています


【次のページ】 NPBを目指し、「知識」を学ぶ日々


プロフィール

梶田 宙
梶田 宙
  • 1983年1月5日 愛知県出身
  • 身長175センチ 体重76キロ 右投げ右打ち
  • 享栄高校
    -愛知大
    -高知ファイティングドッグス
【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第32回 河田 直人選手(高知ファイティングドッグス) 【2014年インタビュー】
第26回 香川オリーブガイナーズ 国本 和俊 内野手 【2013年インタビュー】
第19回 高知ファイティングドッグス サンホ・ラシィナ 選手 【2013年インタビュー】
享栄 【高校別データ】
大成 【高校別データ】

インタビュー