交流戦第2戦 四国IL選抜がフューチャーズを連続完封! 

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2012.07.05

 【入野投手(愛媛)】

 プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusの選抜チームと、フューチャーズ(NPBイースタン・リーグ混成チーム)の交流戦第2戦が4日、埼玉県の県営大宮公園野球場で行われ、四国アイランドリーグplusの選抜チーム(四国IL選抜)が1対0で辛勝した。

 投手戦となったこの試合。均衡を破ったのは7回だった。相手のミスから1死三塁とし、甲斐弘樹(香川)がレフト前へタイムリーを放ち1点をもぎ取った。
 投げては先発の山口直紘(徳島)から7人の投手リレーで2日連続のシャットアウト勝ちを決めた。
 フューチャーズでは五番手で香川県高松市出身の松家卓弘(北海道日本ハム)が登板した。 


四国IL選抜
000 000 100 =1
000 000 000 =0
フューチャーズ

四国IL選抜:山口(徳島)、井川(高知)、西村(香川)、チャーリー(高知)、ジェイソン(徳島)、入野(愛媛)、マエストリ(香川)‐山城(徳島)、屋宜(高知)、星野(香川)

フューチャーズ:西野(千葉ロッテ)、藤谷(千葉ロッテ)、渡辺(巨人)、木下(東京ヤクルト)、松家(北海道日本ハム)、宮本(巨人)‐藤澤(埼玉西武)、江村(千葉ロッテ)

三塁打:生山(フューチャーズ:千葉ロッテ)
二塁打:ペレス(四国:香川)  江村(フューチャーズ:千葉ロッテ)

四国IL選抜 西田監督のコメント
投手陣がしっかりと役割を果たし、失点を0に抑えたと言うのは試合的にいい内容だったと思います。また、調子がベストではなくてもそれなりに結果を出せたと言う事は、今後に繋がると思います。攻撃面では、点が取れるところでしっかりと取れなかった部分もありましたが、相手のミスにつけこんで1点を取り、守り切って勝った事はよかったですし、各自いいアピールができたと思います。

        

【関連記事】
愛媛マンダリンパイレーツ vs MSH医療専門学校 交流戦の詳細 【ニュース - 独立リーグ関連】
徳島インディゴソックス vs 関メディベースボール学院 交流戦の結果 【ニュース - 独立リーグ関連】
第30回 ザック・コルビー捕手兼内野手(愛媛マンダリンパイレーツ) 【2014年インタビュー】
第29回 ダニー・フェルナンド・クルーズ・アヤラ投手(徳島インディゴソックス) 【2014年インタビュー】
第28回 エイドリアン・ディマール投手(香川オリーブガイナーズ) 【2014年インタビュー】
第5回 角中勝也(千葉ロッテ)が独立リーグに残したもの (下)【独立リーグコラム】
第4回 角中勝也(千葉ロッテ)が独立リーグに残したもの (上)【独立リーグコラム】
第3回 四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツ合同練習開始!【独立リーグコラム】
次の記事:
高知ファイティングドッグス 交流戦勝利!【四国IL】