4月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 愛媛マンダリンパイレーツ樋口拓平選手

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.05.15

愛媛マンダリンパイレーツ 樋口拓平選手

5月1日に発表された4月度のグラゼニ賞。各地で続々と受賞式が行われました。
というわけで、早速受賞者のインタビューをお届けします。
今回は、愛媛マンダリンパイレーツの樋口拓平選手です!

――まずは樋口拓平選手、愛媛マンダリンパイレーツ・4月「グラゼニ賞」受賞おめでとうございます!

樋口拓平選手(以下:樋口) ありがとうございます!

――4月13日、高知ファティングドッグス戦でライト線へ飛んだ打球をダイビングキャッチしたことが受賞の決め手になりましたが、改めてその時の気持ちを聞かせてください。

樋口 ホームでの開幕戦ということで、アドレナリンが出ていたことと、先発の小林憲幸(川口高→城西国際大中退→全浦和野球団→徳島インディゴソックス→千葉ロッテ育成→長崎セインツ)さんには、よくご飯に連れて行ってもらっていたんで、勝ちをつけたい思いでダイビングキャッチしました。

――聞けば、試合前日にも小林投手と一緒にご飯を食べたようで。

樋口 はい。小林さんのご両親と一緒にメシに連れていってもらいました。

――50メートル走5秒9という俊足の樋口選手だけに、ダイビングキャッチというイメージはあまりこれまではなかったような・・・

樋口 そうなんです。いつもだったら捕れていない打球なんですが、自然にあの形が出たので、自分でも驚いているんです。その前の打者でランナーは止まってくれたんですけど、打球をファンブルしていたので、気持ちも入っていたんだと思います。

【次のページ】 4月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 愛媛マンダリンパイレーツ樋口拓平選手(2)


【関連記事】
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016」プレビュー 「守り」の愛媛か「強打」の群馬か リーグの威信をかけた「頂上対決」戦闘開始! 【ニュース - 独立リーグ関連】
愛媛マンダリンパイレーツ 2年連続四国アイランドリーグplus総合Vを全冠制覇で飾る! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第30回 ザック・コルビー捕手兼内野手(愛媛マンダリンパイレーツ) 【2014年インタビュー】
第29回 ダニー・フェルナンド・クルーズ・アヤラ投手(徳島インディゴソックス) 【2014年インタビュー】
第18回 愛媛マンダリンパイレーツ 藤長賢司 選手 【2013年インタビュー】
前の記事:
「四国アイランドリーグplusに行こう!」旅情編
次の記事:
大塚晶則投手が、信濃グランセローズで入団会見!