5月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 高知ファイティングドッグス 河田直人選手

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.06.20

高知ファイティングドッグス 河田直人選手

6月1日に発表された5月度のグラゼニ賞。各地で続々と受賞式が行われました。
受賞の喜びを噛み締めている受賞者のインタビューをお届けします。
今回は、高知ファイティングドッグスの河田直人選手です!

――高知ファイティングドックスでの5月「グラゼニ賞」受賞おめでとうございます!

河田直人選手(以下:河田) ありがとうございます!

――受賞理由は5月18日・岡山県営球場での香川オリーブガイナーズ戦における3安打5打点。特に5回表の満塁ホームランは見事でした。

河田 この試合、岡山県に住んでいる母が見に来ていたので、どうしても打ちたい気持ちがありましたし、モチベーションは高かったです。

――満塁ホームランを放った時はどのような意識で打席に入ったのですか?

河田 最近、チャンスで打てていなかったので、調子が上がっているデイビー・バティスタ(ドミニカ共和国国籍・カンザスシティロイヤルズ傘下)につなぐ意識を持って打席に入りました。少し落ち気味の真っ直ぐを叩いたのですが、まさか入るとは思わなかったですね

――ちなみに、満塁ホームランはいつ以来?

河田 小学校以来だと思います(笑)。5打点も生光学園高校の3年春以来ないと思います。ただ、それよりも母親の前で打てたこと。試合後に『ありがとう』と言ってもらったことが一番嬉しかったですね。1回はセカンドゴロに終わったのですが、母は2回から来ていたので。本当にいいところだけ見せられました

――ということは、満塁ホームランのボールもお母さんにプレゼント?

河田 ところが、そのボールはファンの方が持っていってしまったみたいで(苦笑)。高知ファイティングドックスでの第1号ホームラン(4月29日・愛媛マンダリンパイレーツ戦)ボールはこの日、母に渡せたんですが。次、ホームランを打ってまた渡すようにします!

【次のページ】 5月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 高知ファイティングドッグス 河田直人選手(2)


【関連記事】
「野球の楽しさ」を伝道するために マニー・ラミレス高知ファイティングドッグス入団会見 【ニュース - 独立リーグ関連】
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016」プレビュー 「守り」の愛媛か「強打」の群馬か リーグの威信をかけた「頂上対決」戦闘開始! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第32回 河田 直人選手(高知ファイティングドッグス) 【2014年インタビュー】
第29回 ダニー・フェルナンド・クルーズ・アヤラ投手(徳島インディゴソックス) 【2014年インタビュー】
第19回 高知ファイティングドッグス サンホ・ラシィナ 選手 【2013年インタビュー】
第13回 高知ファイティングドッグス 梶田宙 選手 【2013年インタビュー】
前の記事:
2013年5月度『グラゼニ賞』受賞者が決定!
次の記事:
福井ミラクルエレファンツ 矢島陽平 選手 インタビュー