5月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 徳島インディゴソックス 大谷真徳選手

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.06.27

徳島インディゴソックス 大谷真徳

6月1日に発表された5月度のグラゼニ賞。各地で続々と受賞式が行われました。
受賞の喜びを噛み締めている受賞者のインタビューをお届けします。
今回は、徳島インディゴソックスの大谷真徳選手です!

――徳島インディゴソックス2ヶ月連続「グラゼニ賞」受賞の快挙、おめでとうございます!

大谷真徳選手(以下:大谷) 大変光栄です。ありがとうございます

――受賞理由は5月22日・愛媛マンダリンパイレーツとの首位攻防戦における7回表一死満塁からの「先制ランニング満塁ホームラン」です。この場面での気持ちを教えてください。

大谷 とても大事な試合だということはわかっていましたし、どうしても勝ちたい試合でした。前回対戦(5月18日・徳島インディゴソックスが4対3でサヨナラ勝ち)に続き、0対0で接戦にもなっていた中、僕はこの打席まで3打数2安打。しかも凡打の内容も悪くなかったので、『決めてやろう』と思って打席に入りました

――そして、初球を叩きました。

大谷 真ん中外よりの真っ直ぐでした。打った瞬間は左中間を破った感覚はあったんですが、センターの髙田泰輔(新田高)が飛びついてきたので、『抜けてくれ』と祈りながら走りました。抜けた瞬間は三塁打はいけると思っていたんですが、三塁コーチャーの森山一人コーチ(邇摩高→近鉄→ダイエー→高知ファイティングドックスコーチ)が腕をまわしていたので、ホームを目指しました

【次のページ】 5月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 徳島インディゴソックス 大谷真徳選手(2)


【関連記事】
徳島インディゴソックス、ラテンなリズムで四国アイランドリーグplus2017前期を制す! 【ニュース - 独立リーグ関連】
【ドラフト動画】木下 雄介(徳島インディゴソックス)、中日から育成1位指名!喜びの記者会見 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第41回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 「練習生から胴上げ投手、NPB入りへ」 Vol.3  【2014年インタビュー】
第40回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー  練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」 Vol.2 【2014年インタビュー】
第39回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 僕が築き上げた「1人ボトムアップ」 Vol.1  【2014年インタビュー】
次の記事:
7月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 高知ファイティングドッグス 井川博文投手