6月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 愛媛マンダリンパイレーツ 金城選手

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.07.29

愛媛マンダリンパイレーツ 金城選手

7月1日に発表された6月度のグラゼニ賞。各地で続々と受賞式が行われました。
受賞の喜びを噛み締めている受賞者のインタビューをお届けします。
今回は、愛媛マンダリンパイレーツの金城選手です!

受賞選手
金城 (かなぐすく・背番号42・内野手)※本名:金城 雅也(きんじょう・まさや)
1988年12月15日生(24歳)右投右打 沖縄県出身 183センチ93キロ
沖縄水産高→名桜大→三重スリーアローズ・入団2年目

受賞理由
6月4日・香川戦の2回裏、1対3と逆転後、さらに一死満塁で打席に入った金城選手。真ん中に入ってくるチェンジアップに対し、今季取り組んでいる「間の取り方」でバットに乗せた打球は左中間スタンドへ一直線に飛び込むグランドスラムに!王者・香川に一敗地を食らわした結果ばかりでなく、練習過程の正しさを宇和島のファンに示しました。3位に終わった前期から後期への飛躍を期す愛媛。そのかぎを握る主砲へ期待も込めて「グラゼニ賞」贈呈です!

――6月の愛媛マンダリンパイレーツ(以下、愛媛MP)「グラゼニ賞」受賞、おめでとうございます!

金城選手(以下:金城) インタビュー直前に聞きました(笑)。実感はないですが、ありがとうございます!

――受賞理由は6月4日、香川オリーブガイナーズ(以下、香川OG)戦2回裏の満塁アーチ。この打席について教えてください

金城 先発の中野耐(天王寺高)の調子がよくないように見えたので、多く投げている変化球に的を絞っていました。打ったのは真ん中に入ってくるチェンジアップですが、昨年までだったら三振か引っ掛けて内野ゴロ併殺、よくても外野フライに終わっていたボールをホームランにできたのは、今季取り組んでいる打撃トレーニングの成果だと思います

――もう少し具体的に、そこのところを教えていただけますか?

金城 今季は吉岡雄二コーチ(帝京高→巨人→大阪近鉄→東北楽天→ヌエボラレド・オウルズ<メキシコ>)と一緒にタイミングのとり方について追及しています。
特に言われていることは『バットとボールの距離を一定に保つ』こと。変化球にも対応できるように体重を乗せたまま、ボールをバットに乗っける打ち方に変えました。もちろん、そのために右脚を軸足にして変化球にも待ちきれる足腰を作ることが必須。これも続けて取り組んでいます。あのホームランもいい形で右脚に力が残りました

ベースボールドットコムに特設サイト更新中!

【次のページ】 6月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 愛媛マンダリンパイレーツ 金城選手(2)


【関連記事】
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016」プレビュー 「守り」の愛媛か「強打」の群馬か リーグの威信をかけた「頂上対決」戦闘開始! 【ニュース - 独立リーグ関連】
愛媛マンダリンパイレーツ 2年連続四国アイランドリーグplus総合Vを全冠制覇で飾る! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第30回 ザック・コルビー捕手兼内野手(愛媛マンダリンパイレーツ) 【2014年インタビュー】
第29回 ダニー・フェルナンド・クルーズ・アヤラ投手(徳島インディゴソックス) 【2014年インタビュー】
第18回 愛媛マンダリンパイレーツ 藤長賢司 選手 【2013年インタビュー】
次の記事:
四国アイランドリーグplus ALL STARS 第2回北米遠征記者会見開催 「KABUKI SPIRITS!」でキャンナムリーグ・キューバ代表に大見得を切る!