【四国IL】8月度グラゼニ賞発表

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2014.09.01

 四国アイランドリーグplusの8月のグラゼニ賞受賞選手が以下のとおり決定した。グラゼニ賞とは、本塁打や好守備だけでなく、三振やひとつの走塁など、野球のあらゆるシーンで「お金を払っても見に来てよかった」と観客に思われるようなプレーを見せてくれた選手に、毎月贈られる賞だ。受賞した選手には、『グラゼニ』主人公の中継ぎ投手・凡田夏之介の年収にちなんで賞金18,000円が、株式会社講談社モーニング編集部様より贈呈される。

【徳島インディゴソックス】
河本ロバート(投手・背番号21)
<受賞理由>
8月8日(金)敵地・雁ノ巣でのソフトバンク3軍との定期交流戦。7月55日(土)の後期開幕戦でソフトバンク3軍を1安打完封した河本投手は、この日もテンポよい投球を展開。8回をわずか80球で1失点。チームを勝利に導きました。監督やチームメイトからも信頼の厚いチーム最年長投手にグラゼニ賞です。
<表彰式>
9月13日(土) 18:00 JAバンク徳島 徳島-愛媛戦試合前セレモニーにて

【香川オリーブガイナーズ】
大原淳也(内野手・背番号3)
<受賞理由>
8月16日(土)ホーム・レクザムスタジアムで行われたソフトバンク3軍との定期交流戦。1番で起用された大原選手は、初回、一軍経験豊富な大場翔太投手から安打を放ちチームを勢いに乗せると、6対1とリードで迎えた7回裏には先頭打者で3ボール1ストライクからの5球目真ん中ストレートを狙い撃ち!バックスクリーンへの推定130メートル弾で試合を決めました!
<表彰式>
9月11日(木) 18:00 レクザム 香川-徳島戦試合前セレモニーにて

【愛媛マンダリンパイレーツ】
櫟浦 大亮(外野手・背番号8)
<受賞理由>
8月17日(日)、川之江でのホーム・高知戦。0対0で迎えた9回裏、先頭打者の櫟浦選手は「強い打球を打って出塁しよう」と、守護神・デヘスス投手の150キロスピードボールに的を絞り、2球目真ん中ストレートをライトへサヨナラホームラン!「人生はじめて」のサヨナラホームランで勝利を手繰り寄せました。後期は首位を徳島と争う愛媛。前日は継投でノーヒットノーランを喫し、重苦しい空気にあったチームに活力を与える劇的な一発に初の「グラゼニ賞」贈呈です!
<表彰式>
9月5日(金) 18:00 坊っちゃん 愛媛-香川戦試合前セレモニーにて/p>

【高知ファイティングドッグス】
根津和希(内野手・背番号7)
<受賞理由>
8月6日(水)、ホーム高知球場での香川戦。0対2と劣勢の中、6回二死二・三塁で打席に入った根津選手は、「追い込まれると厳しい。甘いボールを狙っていこう」と考え、昨シーズンリーグ最多登板している香川・田村投手の初球カーブに反応し、左中間を破る同点タイムリー!投手陣を助け、引き分けに持ち込んだ貴重な一打に「グラゼニ賞」です!
<表彰式>
9月9日(火) 18:00 高知 高知-徳島戦試合前セレモニーにて

ベースボールドットコムに特設サイト更新中!



【関連記事】
【四国IL】2015年9月度グラゼニ賞発表! 【ニュース - 独立リーグ関連】
【四国IL】2015年8月度グラゼニ賞発表! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第29回 ダニー・フェルナンド・クルーズ・アヤラ投手(徳島インディゴソックス) 【2014年インタビュー】
前の記事:
8月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 高知ファイティングドッグス 迫留 駿 選手