【四国アイランドリーグplus】いよいよ4月4日(土)、前期リーグ開幕!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.04.03

■4月4日(土)、11年目を迎える四国アイランドリーグ・前期リーグ開幕!

 いよいよ4月4日(土)に前期リーグ開幕!

 今季から前期リーグは4・5月、後期リーグも8・9月に集約され各34試合(3球団と10回戦・福岡ソフトバンクホークス3軍との「ソフトバンク杯」4回戦)計68試合を実施。

 その一方で6月にはリーグ選抜チームがアメリカ独立リーグ「カナディアン・アメリカンリーグ(通称:キャンナムリーグ)」で18日間17連戦の公式戦参加も決定。「野球を通じ四国から世界へ発信する」新機軸を明確に打ち出した四国アイランドリーグplus・11年目のシーズンがいよいよ4月4日(土)に前期リーグの開幕を迎える。

 昨年は前後期優勝・総合優勝・ソフトバンク杯優勝に独立リーグ日本一とリーグ史上初となる「5冠」。今季はコーチから昇格した中島 輝士新監督(元日本ハムなど)が率いる徳島インディゴソックスは18時開始・オロナミンC球場(鳴門市)で福岡ソフトバンクホークス3軍と2連戦で対戦(5日はJAバンク徳島スタジアム<徳島市>で18時開始)。

 昨年最多勝・年間MVPの入野 貴大(東北楽天ゴールデンイーグルス)など数多くの主力選手が抜けた中、最速155キロとNPB入りを明確な目標に掲げる右の豪腕・福永 春吾(ベースボール・ファースト・リ-グ06BULLS出身)などの新加入選手と、「目の前の1勝をチーム一丸となって勝ち取りたい」と語る主将・井生 広大(明治学院大出身・3年目)をはじめとする日本一経験者の融合が連覇のポイントになるだろう。

 その徳島インディゴソックスとチャンピオンシップで激戦を展開した愛媛マンダリンパイレーツは、高知ファイティングドックスのホーム・高知市営球場に乗り込み、同じく18時開始で2連戦(5日は同球場で13時開始)。

 昨年、前期最下位から後期2位・年間勝率2位浮上の立役者となった後期MVP左腕・正田 樹(元日本ハムファイターズなど・愛媛在籍2年目)をはじめ、小林 憲幸(元千葉ロッテ育成など・愛媛在籍5年目)などの強力先発陣を軸にした「守りの野球」(弓岡 敬二郎監督)は今季も健在。後期は彼らを力強くリードした(河原)宏誓(NOMOベースボールクラブ出身・4年目)も新主将として真っ先にあげた悲願の「年間総合優勝」へ準備は万端だ。

【次のページ】 【四国アイランドリーグplus】いよいよ4月4日(土)、前期リーグ開幕!(2)


【関連記事】
徳島インディゴソックス、ラテンなリズムで四国アイランドリーグplus2017前期を制す! 【ニュース - 独立リーグ関連】
【ドラフト動画】木下 雄介(徳島インディゴソックス)、中日から育成1位指名!喜びの記者会見 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
入野 貴大(岡豊) 【選手名鑑】
前の記事:
2013年5月度『グラゼニ賞』受賞者が決定!