【四国IL】香川オリーブガイナーズ「四国アイランドリーグplus」2015年前期シーズンを独走で制す!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.05.26

愛媛マンダリンパイレーツが敗れ、4期ぶり優勝が決まった瞬間の香川オリーブガイナーズの選手・スタッフたち(香川オリーブガイナーズ提供)

 新緑の季節に光り輝くガイナーズグリーン~今季11年目を迎えた「四国アイランドリーグplus」2015年前期シーズン。5月25日(月)、香川オリーブガイナーズの2013年以来となる前期優勝が、6試合を残した時点で早々に決定した。

 この日前日まで前期優勝マジック1としていた香川オリーブガイナーズは当初から試合予定がなく、マジック対象チームである2位・愛媛マンダリンパイレーツが4位・徳島インディゴソックスと対戦。勝てば翌日の直接対決で雌雄を決する立場となれた愛媛マンダリンパイレーツであったが、投手陣が失点を重ね、打線も前期最終戦の有終の美を飾りたい徳島インディゴソックス先発・ブランセマの前に1安打と振るわず0対6で完敗。4月終了時点で8勝4敗1分での首位から一転、5月は5勝10敗3分の大失速を最後まで挽回できなかった。

 一方、香川オリーブガイナーズは4月を6勝4敗1分。愛媛マンダリンパイレーツに1ゲーム差の2位に迫ると、5月は5連勝1度含む11勝4敗2分の快進撃で愛媛マンダリンパイレーツに5ゲームの大差を付けた。

 投打のかみ合いも5月は出色。打線ではルーキー・赤松 幸輔が5月23日(土)福岡ソフトバンクホークス3軍戦での逆転サヨナラ3ラン含む月間4本塁打(シーズン通算6本塁打)でチームを勢い付け、同じくルーキーの松澤 裕介や、大木 貴将、原口 翔、練習生から這い上がった中川 竜也もそろって好調を維持。

 投手陣もドリュー・ネイラー、竹田 隼人、川崎 貴弘の右腕3枚がしっかりとローテーションを守り、松本 直晃、田村 雅樹、ウェルスリー・エドワーズも中継ぎ・抑え問わず状況に応じた投球で安定感を示した。

【次のページ】 【四国IL】香川オリーブガイナーズ「四国アイランドリーグplus」2015年前期シーズンを独走で制す!(2)


【関連記事】
最後に届いた2年越し吉報、松澤 裕介(香川オリーブガイナーズ)読売ジャイアンツ育成8巡目指名! 【ニュース - 独立リーグ関連】
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016」プレビュー 「守り」の愛媛か「強打」の群馬か リーグの威信をかけた「頂上対決」戦闘開始! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」 【2015年インタビュー】
第38回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.5 【2014年インタビュー】
前の記事:
【BCリーグ】信濃グランセローズ・中畑 瑛寛選手 石川へ移籍
次の記事:
【インタビュー】四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」