張 泰山内野手来日、徳島インディゴソックス合流!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.03.03

南 啓介代表(左)、中島 輝士監督(右)と共に笑顔の徳島インディゴソックス・張 泰山内野手

 2月29日(火)、CPBL(中華職棒大聯盟)通算1863試合出場・2134安打・289本塁打・1338打点を20年間で積み上げた台湾の至宝、「森林王子」こと張 泰山(チャン・タイシャン)内野手(1976年10月31日生まれ・右投右打・175センチ95キロ)がついに来日。3月2日(水)には四国アイランドリーグplus所属・徳島インディゴソックスの練習に合流し、いよいよ初海外球団でのキャリアをスタートさせている。

 翌3月3日(木)には、徳島県徳島市にある「シティ・ハウジング株式会社CITY plus徳島沖浜店」において日本での入団記者会見に臨んだ張 泰山選手。南 啓介代表と中島 輝士監督に囲まれ終始和やかな表情を見せ、目標としては残り11本に迫っている日台通算300本塁打達成に意欲を示しつつも、「まずは徳島インディゴソックスの優勝に貢献したい」と2年ぶりの四国アイランドリーグplus優勝・独立リーグ日本一へ並々ならぬ意欲を見せた。

 そんな張選手を頼もしげに見つめたのは中島監督。「技術的に上のレベルは若手選手の見本にもなるし、ファンを喜ばせるものを持っているので皆さんもぜひ球場に足を運んでほしい」と、統一セブンイレブン・ライオンズ時代以来、3年ぶりにタッグを組む主砲の活躍に高い期待を寄せた。 

 また、南代表はすでに数多くの台湾企業から「日本とかかわりを持ちたい」との申し込みが来ていることを明かし「旅行会社とは7・8月の夏休みを使ったツアープランを組みたい」と経済的「張 泰山効果」が早くも具現化しつつあることも語っている。

「来日してからも連絡を取り合ったし、ぜひ対戦したい」2009・2010年に興農ブルズ(現:義大ライノズ)でチームメイトだった正田 樹(愛媛マンダリンパイレーツ)との対戦を心待ちにする張 泰山選手。内角攻めも「ダイジョウブ!」と満面の笑みで語った実力発揮の日は、もうすぐそこまで迫っている。

(取材・写真:独立リーグドットコム編集部)

【独立リーグドットコム 編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

このページのトップへ

【関連記事】
徳島インディゴソックス、ラテンなリズムで四国アイランドリーグplus2017前期を制す! 【ニュース - 独立リーグ関連】
「野球の楽しさ」を伝道するために マニー・ラミレス高知ファイティングドッグス入団会見 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第41回 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビュー 「練習生から胴上げ投手、NPB入りへ」 Vol.3  【2014年インタビュー】
前の記事:
8月度グラゼニ賞受賞者インタビュー 高知ファイティングドッグス 迫留 駿 選手