「四国アイランドリーグplus 」2016年シーズン開幕記者会見開催!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.03.31

全球団監督選手並びに鍵山氏、森本氏

「四国アイランドリーグplus 」2016年シーズン開幕記者会見開催!

 4月2日(土)にいよいよ12年目のシーズンをスタートさせる四国アイランドリーグplus。その開幕を2日後に控えた3月31日(木)、香川県高松市の高松国際ホテル新館2階「瀬戸の間」において「四国アイランドリーグplus2016シーズン開幕記者会見」が行われた。

 会は3部構成。第一部では四国アイランドリーグplusの運営会社である株式会社IBLJの前代表取締役・鍵山 誠氏が登壇。

 まずは例年行われている観客、スポンサーの推移と収支報告。
ここでは2015年はリーグ・4球団合計での黒字化は達成できなかったものの、愛媛マンダリンパイレーツ・香川オリーブガイナーズ・高知ファイティングドッグスの3球団が黒字化を達成したこと。また、観客動員は前年比106%と微増。特に愛媛マンダリンパイレーツは前年比133%・高知ファイティングドッグスが前年比125%と著しい観客増加が成されたことなどが明らかにされた。

 続いての発表は2016年に四国アイランドリーグplusによる「3つの取り組み」について。列挙するとこの3つとなる

1)昨年に続く北米遠征の実施
2)NPB球団との交流深化
3)注目度の高い新監督・新加入選手による話題創出

 北米遠征は昨年同様に「カナディアン・アメリカン・リーグ(通称キャンナムリーグ)」へ参戦。6月9日から7月2日まで19試合を行う。その最後には今年度、キャンナムリーグへの参加が決まった世界有数の野球強豪国・キューバ代表チームとの対戦も組まれることになった。鍵山氏は「野球のオペレーションの部分では成果が上がった。メンバーの中からNPBへ行った6名がでた。」と継続の意義を強調している。

 また、NPB球団との交流深化については今年6年目ソフトバンクホークス三軍に加え、読売ジャイアンツで今年度始動した三軍が四国アイランドリーグplus定期交流戦に参戦。四国各県で各球団が3試合ずつ対戦、合計で12試合が実施されることになった。

【次のページ】 「四国アイランドリーグplus 」2016年シーズン開幕記者会見開催!(2)


【関連記事】
徳島インディゴソックス、ラテンなリズムで四国アイランドリーグplus2017前期を制す! 【ニュース - 独立リーグ関連】
「野球の楽しさ」を伝道するために マニー・ラミレス高知ファイティングドッグス入団会見 【ニュース - 独立リーグ関連】
第6回 NPB入りを叶えることができるか?覚えておきたい独立リーグのドラフト候補たち【独立リーグドラフト特集】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
小林 義弘(山梨学院) 【選手名鑑】
鶴田 都貴(神村学園) 【選手名鑑】
前の記事:
徳島インディゴソックス 藤田卓選手を支配下登録