「野球の楽しさ」を伝道するために マニー・ラミレス高知ファイティングドッグス入団会見

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.03.09

マニー・ラミレス 高知ファイティングドッグス入団会見
「野球の楽しさ」を伝道するために

駒田監督、梶田社長と握手を交わす
マニー・ラミレス選手

 3月9日(木)、四国アイランドリーグplus所属の高知ファイティングドッグスは高知県高知市の「ホテル日航高知旭ロイヤル」においてMLB通算2302試合出場、2574安打、555本塁打、1831打点・打率.312をマークしたマニー・ラミレス外野手(1972年5月20日生・183センチ102キロ・右投右打)の入団記者会見を開催。

 MLBで首位打者・本塁打王・打点王を一度ずつ獲得。2004年には松坂 大輔投手(現:福岡ソフトバンクホークス)らと共にボストン・レッドソックス86年ぶりワールドチャンピオンの原動力となり、ワールドシリーズMVP。ポストシーズン29本塁打のギネス記録も有するベースボールレジェンドの1人が「多大なる支援を頂いた」(高知ファイティングドッグス・梶田 宙社長)周囲の努力により、ついに四国の地へと降り立った。

 41社のマスコミや招待客など約130名が見守る中、ジュリアナ夫人とぴったりと寄り添いながら壇上へ足を運んだマニー・ラミレスは、まず「日本でプレーすることは私の夢でした。家族と日本にこれたことに感謝しています。応援しているファンの皆さんもホームスタジアムにいるような雰囲気を作ってくれていますし、日本の教育や文化には以前から好印象をもっていました。アメリカ同様に日本の素晴らしいプレーヤーから学んでいきたい」と終始柔和な表情でコメント。

 また、日本野球へ興味をもったきっかけについては「私がはじめてボストン・レッドソックスで首位打者を取ったころ(2002年)、当時シアトル・マリナーズにいたイチロー選手とバッティングの際における脚の上げ方について語り合う機会があったのですが、日本人はスムーズに脚を上げているし、それが私がプレーをする上で非常に参考になったし、日本のプレースタイルに興味を覚えたきっかけになりました」と、さる3月4日にマイアミ・マーリンズのキャンプ地へ高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」Tシャツを着て現れた日本野球レジェンドとの関係性が深くかかわっていることを明かした。

背番号「99」を披露するマニー・ラミレス選手

 高知県の子供たちに対しては「1人の人間として、野球を愛する者としてのプレーをみてほしい」と語ったマニー・ラミレス。NPBへの入団については「もちろん行きたいが、できる努力を続け、試合と練習をしていく中で進めればいい」と、「常に努力して成長する」人生の信念を貫きつつ、自然体で挑むことを強調している。

 なお、駒田 徳広監督はマニー・ラミレスの公式戦起用法について「4番・指名打者で2打席+α」と明言。本人の希望・体調次第でホームゲームだけでなく、四国4県での試合に出場する可能性があることも言及。四国アイランドリーグplus・中村 俊洋理事も「マニー・ラミレス選手がホームゲーム以外で出場する際は事前にHPで告知をします」と、マニーシフトの採用を明言した。

 登録名は「マニー」。背番号は本人の希望により「99」となったマニー・ラミレスは3月10日(金)9時半から越知町民総合運動場でのチーム練習より合流予定(*正確な練習参加時間等は、 高知ファイティングドッグス公式HPで必ず当日確認のこと)。4月1日・18時から高知市営球場で開催される四国アイランドリーグplus2017開幕戦・福岡ソフトバンクホークス3軍戦から四国へ「野球の楽しさ」を伝道すべく調整を進めていく。

【独立リーグドットコム 編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

このページのトップへ

【関連記事】
「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2016」プレビュー 「守り」の愛媛か「強打」の群馬か リーグの威信をかけた「頂上対決」戦闘開始! 【ニュース - 独立リーグ関連】
愛媛マンダリンパイレーツ 2年連続四国アイランドリーグplus総合Vを全冠制覇で飾る! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第32回 河田 直人選手(高知ファイティングドッグス) 【2014年インタビュー】
前の記事:
各チーム監督コメント!【四国IL】