高知ファイティングドックス 大石崇晴、中澤政登の両選手を支配下登録

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2012.05.01

 【2選手と支配下選手契約】

 プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusは1日、高知ファイティングドックスが2選手と契約し、支配下登録したと発表した。

 今回登録されたのは大石崇晴内野手と中澤政登外野手で、共に今シーズンから練習生としてチームに合流していた。大石選手は元プロ野球近鉄に所属した大石大二郎氏(現・福岡ソフトバンクヘッドコーチ)の二男。報徳学園高時代には俊足を生かし、主に代走として活躍。第92回全国高校野球選手権ではベスト4まで進出した。中澤選手は高知市出身。地元の明徳義塾高では、3年夏の県大会準優勝に終わったが、3番ライトとして活躍した。


○大石 崇晴(おおいし たかはる)
○生年月日/1992年10月2日 大阪府出身
○ポジション/内野手  ○/背番号46
○右投げ両打ち ○170センチ65キロ 
○経歴/報徳学園高校~城西大学(中退)




○中澤 政登(なかざわ まさと)
○生年月日/1991年5月19日 高知県出身
○ポジション/外野手  ○/背番号24
○左投げ左打ち ○180センチ75キロ 
○経歴/明徳義塾高校~徳山大学(中退)



【関連記事】
四国アイランドリーグplus・勝負の後期開幕! 【ニュース - 独立リーグ関連】
四国アイランドリーグplus北米遠征、詳細発表記者会見開催! 【ニュース - 独立リーグ関連】
第5回 角中勝也(千葉ロッテ)が独立リーグに残したもの (下)【独立リーグコラム】
第4回 角中勝也(千葉ロッテ)が独立リーグに残したもの (上)【独立リーグコラム】
次の記事:
徳島インディゴソックス、ラテンなリズムで四国アイランドリーグplus2017前期を制す!