第2回 【特別企画】女子プロ野球 ルーキー座談会2013年12月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]アマからプロへ!2013シーズンの自己採点は???
[2]開幕前に掲げた目標を振り返る!
[3]アマ時代から互いをよく知る4人!それぞれの印象は???
[4]2年目の2014年シーズンへ向けて

開幕前に掲げた目標を振り返る!

ノース レイア 里 綾実投手

――ピッチャーで驚いた選手はいますか?

中野 ピッチャーは大体、アマチュア時代に対戦しているんですよね。だから、特にいなかったかな?

 でも、私は矢野(みなみ・ウエストフローラ)さんには驚きました。去年、ジャパンの合宿ときに一緒に練習をしたんですけど、そのときに比べたら印象が変わりました。

中野 確かに、全然違ってましたよ。すごくなっていた。

山崎 プロに入ってからも、春先と秋口とでは全然違っていました。秋になってもバーンって、すごいボールを投げていました。

中野 制球力がいいですよね。プロに入って、コントロールが極まったと思います。

 うん、本当にコントロールがいい。ジャパンでやっているときは、ピッチャーもやっていたけど、それよりも野手のイメージの方が強かったんです。でも、プロでは打者に向かってくる感じとか、すごいピッチャーです。

中島 ピッチャー向きですよね、性格が。話していても独特だし。

――今年、開幕前にみんなに「今年の目標」を書いてもらったんですけど、自分が何を書いたか、覚えていますか?

一同 うーん、覚えてないです。

――里さんは「15勝する」と言っていました。結果は6勝(10敗2セーブ)で、奪三振のタイトルを獲得しました。

 最初は自分が何試合投げるかわからなかったので、「投げる試合は全部勝ちたい」という気持ちで「15勝」って書いたんだと思います(笑)。初めて1年間戦ってみたけど、特に夏場は完投した次の試合に野手で出るときはちょっときつかったです。でも、期待されているのはわかっていたので、チームにもっと貢献したいと思っていました。もっと勝ちたかったです。

ノース レイア 山崎まり選手

――山崎さんは自分が何を書いたか覚えていますか?

山崎 えーっと、「ケガをしない」とかですか?

――いや、もっと具体的な目標です。「3割、ホームラン3本、3盗塁、3失策」と書いて、結果は「.298、0本、5盗塁、13失策」でした。

山崎 1年目、もっと数字を意識すればよかったのかもしれないですね。やっぱりルーキーとして、チームの中での役割を果たすことでいっぱいいっぱいになっていたのかもしれないですね。どうしても、目の前の一個のことに追われていた気がします。でも、盗塁が5個できたのはよかったです(笑)

――ホームラン3本というのは、スタンドインできる自信があったんですか?

山崎 ラッキーゾーンがあるって聞いていたんで、それで「3本」って書きました。

――中島さんは自分が書いたことを覚えていますか?

中島 はい「二桁勝利」だったと思います。

――そうです。でも、結果は4勝7敗9セーブ。セーブ王のタイトルを獲得しました。当初は先発ローテを任されたものの、なかなか結果が出ず、シーズン途中からは抑えに回りました。この起用法については、どんな感想を持っていますか?

中島 そこまで抵抗はなかったですけど、できれば先発がいいんですけどね……
 でも、チームに必要とされていて、片平監督から「抑えに回ってくれ」と言われたので、気持ちの切り替えはスンナリできました。もし、また先発を任されたら、ぜひ二桁勝利をしたいです。

――中野選手は何を書いたか覚えていますか?

中野 盗塁の目標でしたっけ? ……全然覚えてないです。
 えっ、「打率4割、出塁率5割」って書いたんですか、私? えっ、辛い、辛いです(笑)
 熱くなってきちゃった、ちょっと脱いでもいいですか(笑)

――4割を目指していたのに、最終的には打率.223、出塁率.308だったことについては?

中野 今年、全然打てない時期が長かったんですよ。

中島 そういうイメージ、ないけどね。私は一緒のチームでやってて、「全然打てないな」っていう印象はないんですけど……

イースト アストライア 中野菜摘選手

中野 そうですか? 全然出塁できない試合も何試合も続いたし……
 で、めっちゃ真剣に野球について、久しぶりに考えたんですよね。中学生時代ぶりに。

一同 (爆笑)。遅いよ、プロに入ってから真剣に考えるなよ。

中野 ホントなんです。野球について、真剣に考えたのは中学以来なんですよ。でも、それが来年にすごいつながりそうなんです。
 一番考えたのはバッティングのこと。大学の頃は、悪い点が見えても打てていたから、修正しなかったんですよ、キツイことをしてまで。でも、プロではそれでは通用しなくなったので真剣に考えて、監督や(川端)友紀ちゃんとか、いろんな人に相談して、いろんな方法を採り入れてやっとわかってきました。それがシーズン終盤でした。で、そのきっかけをくれたのが中島さんだったんですよ。ロングティーをやっているときに、中島さんが「菜摘は打ててたときは、こうだったよ」って、昔のフォームを指摘してくれたんです。

――具体的にはどんなアドバイスを?

中野 大学時代に1番を打っていて、「当てに行こう」という意識のせいか、フォームが小さくなっていたんです。当てに行って、自分のスイングをまったくしていないから、打球も弱いし、飛距離も出ないし。無意識のうちにフォームが小さくなっていたんですかね? それが第一歩で、そこからいろんな人に聞いて、調子を取り戻していったのが、シーズンの最後だったので、来年は自分でも楽しみで、自分で自分に期待しているんです(笑)

中島 「気づきポイント」で、自己評価はアップしないの?

中野 それは、今までのサボりのせいなので、せいぜい「3点アップ」かな。でも、これで38点だ(笑)
 監督も、(古川修平)コーチもつきっきりで教えてくれたことにも感謝。そして私のいいときを知っているから、昔のいいところを引き出してくれて、適切なアドバイスをしてくれた中島さんにも感謝です。

このページのトップへ


【次のページ】 【特別企画】女子プロ野球 ルーキー座談会(3)


【関連記事】
第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編) 【2014年インタビュー】
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora