第2回 【特別企画】女子プロ野球 ルーキー座談会2013年12月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]アマからプロへ!2013シーズンの自己採点は???
[2]開幕前に掲げた目標を振り返る!
[3]アマ時代から互いをよく知る4人!それぞれの印象は???
[4]2年目の2014年シーズンへ向けて

アマ時代から互いをよく知る4人!それぞれの印象は???

――ここにいる4人はアマチュア時代から互いをよく知る間柄です。中島さんから見て、他の3人はプロに入って、どんなところが変わったと思いますか?

中島 里は得意のスライダーよりも、真っすぐがキレるようになりましたね。ストレートのおかげで、スライダーもよりよく見えるようになったと思います。私もそうなんですけど、プロに入ってから、「毎日ボールを投げることが大事なんだな」と気づきました。月曜から金曜まで、自分でプランを考えながら投球をしていると、やっぱり肩も強くなっていくんでしょうね。
 で、まりは自分の世界に入っちゃうんですよ。そこが変わっていない(笑)

イースト アストライア 中島梨紗投手

中野 ハハハハハ、すごいよくわかる(笑)

中島 敵のチームだから普段はあまり感じなかったんですけど、ヴィクトリアシリーズ(VS)で一緒になったときに、疲れているのも見えるし、集中力が切れているのも見えるんですよね。で、指摘すると、「あっ、ばれました?」って言うんですよ(笑)
 でも、その点がプロに入って、ちょっとずつよくなっていると思います。ただ、まりはもっとチームを引っ張れる存在になれるはずだから、人のために声を出すとか、もっと余裕を持ってほしいし、もっとラクにプレーできるはず。
 そして、菜摘は自分が打てていようが、打てていまいが、チームのために声を出すとか、疲れや不満を表情に出さないとか、そういうことがプロに入ってからできるようになりました。周りの人を気遣うことができるようになったのかない(笑)

中野 やばい、やばい、嬉しい~(笑)

――里さんから見た、他の3人の印象は?

 常にチームのことを考える中島さんの姿勢は、ジャパンのときもプロに入ってからも貫いていてすごいと思います。アマチュアのときもそうだったけど、プロに入ってからも「いつまで練習するんだろう?」っていうぐらい練習をしている点も変わってないです。
 菜摘は高校のときから知っているんで、今の中島さんの話を聞いたら、「もっと早くそうやってほしかったな」って思いました(笑)

中島 「いまさら、遅いよ」、みたいな(笑)

中野 でも、気づいただけでもいいじゃないですか!

 きっと、「今までのやり方では通用しない」というのはプロに入った選手はみんな感じていると思うんですけど、それを感じて自分を変えたのはすごいので、自分も中野選手の来年に期待しています(笑)
 まりは、一緒にプレーするのがほぼ初めてなんですけど、最初は「ただの真面目な人だな」と思ってたんですけど、実はちょっと抜けていて(笑)
 同じ年なので、これからも2人で一緒に引っ張っていきたいです。チームが勝てなくて、今年悔しい思いをしたので、一緒にいい思いをしたいです。

ノース レイア 里 綾実投手

――中野さんから見た、3人の印象は?

中野 中島さんって、ジャパンのときからチームをまとめるのが上手じゃないですか。今年のアストライアって、ルーキーも多かったし、序盤は負けも多かったですよね。そのときに中島さんが「ミーティングをやりましょう」って言ったんです。そこからみんなが変わって、まとまり出したんです。試合前の雰囲気作りもすごく頑張っていて、今年の優勝って、中島さんのおかげなんじゃないかって思います。

中島 ヨイショするね(笑)
 ミーティングはキャプテンの友紀から言ってきてくれることもあるし、私が気づいて言ったこともありますね。あとは川保(麻弥)さんとも相談してやりました。

中野 里さんは、高校も大学も同じチームだったから、あんまり対戦したことがないんですよね。だから、いつも後ろからしか見ていなかったんでわかんなかったんですけど、ボックスに入ってみて、やっぱりキレがハンパないんですよ。後ろから見ているのとバッターボックスから見ているのと全然違うんですよ。

中島 里のボールに詰まりすぎて、試合中に治療してもらったこともあったよね。

中野 ヤバかったですよ。3打席、どん詰まりで手を痛めて、試合中に治療してもらいました。高校のときは先輩後輩の関係があったけど、プロに入ってからは練習につき合ってくれるので、いい先輩です。今日はヨイショの日です(笑)。いや、ホントにそう思います。
 で、ザキヤマさんは、ジャパンでは二遊間を組むことが多かったんですけど、プレー中に自分の世界に入りすぎることはなくなったと思います。

中島 でしょ。前は何を言っても「聞こえません」、みたいだったけど(笑)

中野 そうそうそう、それがなくなりましたよね。周りが見えているというか……
 ちょっと偉そうですけど(笑)

山崎 もっと言って、言って(笑)。自分でも自覚があるんで!

中野 自覚していたんだ(笑)

山崎 大学時代はずっと男子の中でやっていたので、「レベルの高いところに追いつこう」と一生懸命やっていたけど、今年は、自分はルーキーだし、プロの先輩でも年下の子が多かったので、少しずつ変わったと思います。

 試合中も、相手に連打されたり、エラーが続いたりして、「どうにか抑えよう」というときに、後ろから「里!」って、ちょいちょい声をかけてもらいました。自分、よくボークとられるんで、ジェスチャー付きで「気をつけろよ」って、いいアドバイスをしてくれます。

ノース レイア 山崎まり選手

――山崎さんから見た他の3人の印象は?

山崎 中島さんはジャパンのときから知っているんですけど、「やっぱりすごいな」って言うのが、正直な感想です。前半戦に結果が出なかったときも、取り組みがすごいので、「今はまだ結果が出ていないけど、後半には結果を出すんだろうな」と思っていました。以前、アストライアの野手から、「中島さんが投げているときには絶対にきちんと守りたいし、点を取りたい」って声を聞いたこともあるので、それがピッチャーとしてすごいことだと思います。言葉でも行動でも示せるのがすごいですね。自分は「こう言いたいな」と思っても、「1年目だしな」って、遠慮する部分もあったので、そこを言えるようにしたいです。
 里は同じルーキーで、同い年で、ジャパンでも一緒だったので、そういう人が同じチームにいて助けられました。よく一緒に食事をするんですけど、野球の話をできる人が近くにいたのは良かったです。プレーでも引っ張ってくれたので、もっと勝ちをつけてあげたかったと野手として反省しています。

――では、中野さんについては?

山崎 菜摘は、年下なのに「これはこうじゃないですか?」って、言ってくれる後輩なので助かります。周りの雰囲気も明るくしてくれますよね。あとは、みんなが言っていたように、大学のときを知っているので、「ちょっと飽きっぽいのかな?」って思っていたけど、全然そんなことはなくて、ずっと練習をしていたので見直しました。

――アマチュア選手たちの中には、「中野さんが1年間、しっかりと続けられるかどうかでプロに行くかどうかを考えたい」という選手もいました(笑)

中野 私が基準ですか? 
 私、みんなにいろいろ夢を与えているんだなぁ。私の貢献度も結構高いんですね。得点をアップしなきゃ(笑)

中島 そろそろ、今年の自己評価も50点ぐらいになりそうだね(笑)

このページのトップへ


【次のページ】 【特別企画】女子プロ野球 ルーキー座談会(4)


【関連記事】
第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編) 【2014年インタビュー】
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora