第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編)2014年04月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]男子野球部でマネージャーから選手に転向
[2]女子プロ野球の世界へ
[3]今年は「出塁」がテーマ

女子プロ野球の世界へ

――その場では、どんなことを話したんですか?

佐藤 同期8名に「ちょっと相談があるんだけど……」って、みんなに集まってもらいました。その場で「みんなの練習を見ていて、自分もみんなと一緒に野球をやりたいっていう思いになっていったんだよね」って、言いました。
 最初は「無理だよ」とか「野球をなめるなよ」って言われることを覚悟していたんですけど、「いいね。やろうよ!」とか、「ずっとやりたかったんだろ」って、みんなが受け入れてくれました。むしろ、「野球部を辞めるのかと思って心配したよ」って笑ってくれました。
 それから、先輩とかキャプテンにお話をして、正式に野球部員になりました。投げる球は速いし、変化球もすごくキレるので、最初は驚いたけど、苦にしている感じは全然なくて、「早く慣れよう」という思いでした。

――大学当時の目標は何だったんですか?

佐藤 今から思えば、「何を目標にして野球をやったのかな?」っていう思いが強くて、特に目標があったわけじゃないけど、「最後までやり遂げよう」という思いは卒業するまでずっと持っていました。

 試合に出たかったし、何試合も出させてもらったけど、数字的な目標は全然なかったですね。私、公式戦でもヒットを1本打ちましたよ(笑)。2年生の秋季リーグの北星学園大学戦でセンターとショートの間にポテンヒットを打ちました。
 それが、道内初の女子選手のヒットだったそうです。

――大学卒業後、女子プロ選手になったのはどんな経緯ですか?

佐藤 卒業後は体育の先生になる夢を持っていたんですけど、ある新聞記者の方から女子プロ野球のトライアウトのことを聞きました。
 「えっ、何それ?」って感じだったんですけど、ユーチューブで見て、周りからも「受けてみれば?」って言われているうちに、「自分も挑戦してみようかな?」っていう感じですね。
 このとき覚えているのは(ウエストフローラ・三浦)伊織(2013年独占インタビュー)が自己紹介をしていて「以前はテニスをやっていました」って言っていたんですけど、「えっ、テニスから野球選手になれるの?」って、すごく驚いたことを覚えています(笑)。

――プロのトライアウトに受かる自信はありましたか?

佐藤 実際のプレーを見たことがなかったので、自信はなかったです。ただ、ずっと男子の中で、いろいろなことを教わっていたので、大学生活の中で学んだことには自信がありました。でも、それが女子プロ野球の世界で通用するのかどうかはわかりませんでした。とにかくトライアウトは緊張したけど、必死で頑張りました。

このページのトップへ


【次のページ】 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編)(3)


プロフィール

宮原 臣佳(みやはら・みか)

佐藤 千尋(さとう・ちひろ)
  • 所属:一関一高校(ソフト) - 北海道教育大学岩見沢校(男子硬式) - スマイリーズ('12) - レイア('13~)
  • 出身地:岩手県
  • ポジション:内野手・外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長:161.9センチ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第10回 ノース レイア 佐藤千尋 選手(前編) 【2014年インタビュー】
第2回 【特別企画】女子プロ野球 ルーキー座談会【マドンナベースボール】
第7回 ウエストフローラ 三浦伊織 選手 【2013年インタビュー】
第6回 ノース レイア 小久保志乃選手 【2013年インタビュー】
第5回 ノース レイア 坪内瞳 監督  【2013年インタビュー】
第2回 イーストアストライア 川端友紀選手(後編) 【2013年インタビュー】
一関一 【高校別データ】

インタビュー

  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora