第2回 イーストアストライア 川端友紀選手(後編)2013年07月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ソフトボールから女子プロ野球の世界へ
[2]初めての国際大会出場から学んだこと
[3]走攻守三拍子揃った選手になるための課題

走攻守三拍子揃った選手になるための課題

――では、川端選手の現在の目標を教えてください。

川端 一つはまだまだ女子プロ野球は認知度が低いんです。今年から全国展開で、東西南北に分かれて試合をしています。でも、どこに行っても、イベントをしても、女子プロ野球は存在したんだ、という声が多くあります。試合観客数も少なくて、まだまだと思います。いつか満員の球場でプレーするのが私の夢です。
 また、プレーヤーとしては打撃だけではなく、守備、走塁も出来て一流選手だと思うので、走攻守を極めて、もっと向上して行きたいと思います。

――もし男女混合の野球界ができたらプレーしたいと思いますか?

川端 そこのレベルにいけるのならば、いつかは挑戦したい気持ちはありますけど、まだ足元にも及ばないと思いますので、それぐらいの選手にはなりたいと思います。

――憧れのプレーヤーは?

川端 兄と一緒だと思うんですけど、ヤクルトの宮本慎也選手ですね。特訓を受けてみたいと思っています!

――では、最後に、今の川端選手の課題と、今後の意気込みを教えてください!

川端 走攻守3拍子揃った選手になりたいので、まず守備に関してはやはり確実性を上げて行かなければならないと思っています。細かく言えばもっと足の使い方など、細かい動きができるようになりたいですけど、おおまかに言えば確実性ですね。
 打撃は6割を目指したい気持ちはあるんですけど、思い切り振りきれるようにもなりたいんです。なかなかできなくて…。私は4番なんですけど、空振りもできるようになりたいと思っています。
 初球から打とうと思っても、真っ直ぐ落ちた時は空振りしてしまえばいいのですが、当ててしまう癖があって、凡打にしてしまうことが多いんです。それは勿体無いと。ここぞという時に思い切り振りたいなと思います!

 目標を持って努力を続ける姿勢があるからこそ、女子プロ野球界の顔として人気実力とも持ち続けられるんですね。
川端選手、貴重なお話ありがとうございました!

イースト・アストライア 川端友紀選手(前編)はこちら

このページのトップへ


プロフィール

川端友紀
川端友紀 (かわばた・ゆき)
  • イースト・アストライア
  • ポジション:内野手
  • 生年月日:1989年5月12日
  • 出身地:大阪府貝塚市
  • 経歴:市立和歌山高(ソフトボール) - 塩野義製薬(ソフトボール) - 京都アストドリームス(2010 - 2012) - イースト・アストライア(2013〜)
  • 身長:170cm
  • タイプ:右投左打
  • 首位打者(2010、2011)
    最高出塁率(2011)
    ベストナイン遊撃手(2011)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編) 【2014年インタビュー】
第1回 イーストアストライア 川端友紀選手(前編) 【2013年インタビュー】

インタビュー

  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora