第7回 ウエストフローラ 三浦伊織 選手2013年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

タイトル争いと女王決定戦へ向けて

――三浦さん自身はプロ4年目。昨年は待望の首位打者にも輝き、マドンナジャパンの一員としてワールドカップ3連覇にも大きく貢献。そろそろ、チーム内での役割も大きくなってきているのではないですか?

三浦 はい。私はセンターだし、外野手は若い子が多いので、金山 亜莉紗とかを引き連れて、「ノックをしようか?」とか、積極的に言うようにはしています。たとえば、フリーバッティングで守っているときでも、「バッターのバットの出し方、当たり方をいつも予想して感覚をつかみなさい」と言ってるんですけど、なかなか…(笑)。

――「先輩」として、後輩を厳しく指導したり、注意したりするのはあまり得意そうに見えませんよね(笑)?

三浦 ダメです、ダメです。ホントに苦手です(笑)。だから、松村(豊司)監督に言われているのは、「お前は背中で見せろ」ということです。そして、「自分のやらなきゃいけないことをしっかりやればいい」と言われています。何か聞かれたときには、しっかりと自分の経験を答えるように意識しています。でも、結局は人それぞれなので、盗めるところがあれば、ぜひ盗んでもらいたいです(笑)。

(写真:女子プロ野球機構公式サイトより)

――11月9~10日のTC女王決定戦。2位通過のフローラは2勝しなければ優勝できません。1勝のアドバンテージのあるアストライアが断然有利の中、どのような意気込みで試合に臨みますか?

三浦 アストライアの投手陣はフォアボールとかは少ないので、一つのチャンスをしっかりものにしなければいけないと思います。何とか出塁したランナーをきちんと送って、ワンチャンスをものにする。そのことをチームで徹底すれば、チャンスがあるのかなと思っています。

――この女王決定戦の結果で、個人タイトルも確定しますね。盗塁王はほぼ確定ですが、2年連続となる首位打者、そして出塁率も現在2位(11月1日現在)。ともに1位はアストライアの川端 友紀選手です。プレッシャーはありますか?

三浦 いつも通りですね(笑)。不安ではないんですけど、友紀さんも同じ状況だし、むしろ「追われる方が辛いだろうな」と考えています。ただ、「追いつく、追いつく、そして抜かす」とだけ考えて、向こうがヒットを1本打ったら、「私もとりあえず1本打とう」と、1打席を大切にしていきたいです。

――「追われる方が辛いだろうな」というのは、自然にそう思える? それとも、無理矢理、そう思おうとしている? どちらですか?

三浦 うーん…。ずっと、「3位にはなりたくない」と思っていたんです。シーズン中、滝澤さん(彩・ノースレイア)も打率4割ぐらい打っていて、2位の私がずっと追われていたんです。そのときに、すごくイヤだったので、「だったら、1位の友紀さんはもっとイヤだろうな」って考えるようになりました。昔、テニスをやっていたときに「下を見るより上を見ろ」って、先生に言われていました。今の状況を守ろうとして失敗を恐れてしまうより、上を目指して積極的にいった方がいいと私も思っています。

このページのトップへ


【次のページ】 ウエストフローラ 三浦伊織 選手(4)


プロフィール

三浦 伊織(みうら・いおり)
(写真:女子プロ野球機構公式サイトより)
三浦 伊織(みうら・いおり)
  • 所属:椙山女学園高校-ドリームス(2010~2012)
  • 出身地:愛知県
  • ポジション:外野手
  • タイプ:左投左打
  • 身長:160センチ
  • 首位打者(2012)
    最多安打(2012)
    最優秀守備率外野手部門(2010)
    最多盗塁(2012)
    ベストナイン外野手(2011・2012)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編) 【2014年インタビュー】
第4回 ウエスト フローラ 小西美加選手 【2013年インタビュー】

インタビュー

  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora