第8回 ウエストフローラ 矢野みなみ 選手2013年11月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投手としての目覚め
[2]ソフトボール選手として活躍
[3]実業団からプロの世界へ!
[3]全国の女子野球選手の憧れになるために

実業団からプロの世界へ!

――高校時代には名ショートとして、インターハイ準優勝、国体優勝と華々しい成績を残しました。そして、卒業後には豊田自動織機に進みます。この経緯は?

矢野 何社かからオファーをいただいて、一番強豪のチームを選びました。でも、「野球をやりたい」という思いはずっとあったんです。社会人3年目だったのかな? そのときに女子プロリーグができて、ますます「野球がしたい」と思っていました。でも、ソフトボールをやめるきっかけもなかったので続けていたんですけど、どうしても野球をやりたくて、昨年、全日本のトライアウトを受けました。

――ソフトボールを続けながらも、野球への未練は消えなかったわけですね。マドンナジャパンのメンバーを決めるセレクションの際の矢野さんのインパクトは取材陣にとっても、鮮烈なインパクトを残しました。

矢野 元々は「プロに行きたい」と思っていたんですけど、女子野球のレベルがわからなかったので、まずは全日本のトライアウトに挑戦して、女子野球のレベルを知ろうと応募しました。

全然知り合いもいなかったけど、楽しかったです。最初は自信もあったし、単純に「捕る、投げる、打つ」なら、大丈夫だったんですけど、代表候補にも選んでいただいて、二次合宿になったあたりから実戦形式の練習が始まって、連携やフォーメーションプレーが多くなってくると、まったく経験がなかったので、「ちょっと厳しいかな」とは思っていました。でも、このときにはプロに進むつもりでいました。

――このとき、久しぶりの硬式野球ながらも代表候補としてプレーをして、プロ入りへの自信も芽生えたのでは?

矢野 そうですね。経験のない部分は「プロに入ってから補っていけばいい」と思っていたので、日本代表選手たちと一緒に練習することができたので、これからプロに入る自信、プロでやっていく自信は芽生えたと思います。

――今年のルーキーは、現役マドンナジャパン選手の中島 梨紗(イーストアストライア)、里 綾実(ノースレイア)が同じ投手として入団しました。一方、野手では中野 菜摘(アストライア)、元代表の山崎 まり(レイア)と、そうそうたるメンバーが入団しました。プロ入りの際には、どんな目標を掲げましたか?

矢野 今年ジャパン経験者がたくさん入ってきたので、その人たちの中に入っても「自分が一番になって新人王を獲ろう」とは最初に思っていました。結果的に8勝9敗3セーブと自分ではまずまずの成績を残せたかなとは思うんですけど、やっぱり勝ち越したかったですね。でも、疲れも故障も全然なくて、いい1年だったと思います。

――矢野さんは今季7完投。試合終盤になってもスタミナが落ちない印象が強くあります。やはり、スタミナ面には自信を持っていますか?

矢野 そうですね。試合終盤になっても握力が落ちて困ったとかはないですね。ただ、連投になるとちょっと影響が出るのかなと思っています。TC初日に完投をすると、2日目のリリーフ登板では自分でも「球威がないな」と感じることはありました。

――本調子でないときは、投球の組み立てをどのように変えるのですか?

矢野 球威がないときは、ほぼカットボールとツーシームを多投して、ゴロで打ち取ることを意識しました。調子のよくないときにはもう三振は狙わずに、「とにかくゴロを打たせよう」ということだけを心がけています。


【次のページ】 ウエストフローラ 矢野みなみ 選手(4)


プロフィール

矢野 みなみ(やの・みなみ)

矢野 みなみ(やの・みなみ)
  • 所属:九州女子高校(ソフト)- 豊田自動織機(ソフト)- 東芝北九州(ソフト)
  • 出身地:福岡県
  • ポジション:投手・内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長:168センチ
  • 上記データは掲載時のものとなります。

インタビュー

  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora