第3回女子野球ジャパンカップ 決勝

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.11.05

第3回女子野球ジャパンカップ 決勝

 11月4日(月・祝)、静岡草薙球場で、第3回女子野球ジャパンカップ、決勝戦が行われた。

決勝戦 ディオーネ vs アストライア

▲宮原臣佳(ディオーネ)

 第3回女子野球ジャパンカップ決勝戦は、プロ同士の対戦に。初回、逆転に成功したディオーネが準決勝の勢いそのまま8-1でアストライアに快勝。ジャパンカップ優勝をおさめた。

 初回、アストライアは4番川端友紀のセンター犠牲フライで先制。対するディオーネはその裏、二死1、2塁の好機を作ると5番田中朋子が右越適時二塁打で勝ち越しに成功。続く6番江嶋あかりの中前適時打でさらに追加点を奪った。5回にさらに2点を追加したディオーネは、5回裏左翼線適時打で7点目を挙げるなど優位に試合を進め、8-1でアストライアを下した。ディオーネは前身の兵庫スイングスマイリーズからを含む、二度目の優勝。

 最後に笑顔が弾けた。ディオーネはティアラカップ3位と女王決定戦進出を逃しているため、今季最後の大会がこの女子野球ジャパンカップ。初戦から得意の小技を活かした野球で、勝ち進んできた。準決勝から決勝戦までダブルヘッダーだったが、疲れを見せることなくチーム打線で盛り立てた。

 「引退選手を笑顔で送り出したかった」と語ったのは宮原。今季限りで引退を表明している新原が最終回に左翼の守備につき、ウイニングボールを掴んだ。新原は「選手でいられる時間をみんなが多く作ってくれた。今までで一番いい試合でした」と、現役最後の試合を振り返り、充実感を見せながら目に涙を浮かべていた。

 なお、準決勝で4安打、決勝戦では完投でチームを優勝に導いたディオーネの宮原臣佳が最優秀選手賞を獲得した。

(ディオーネ 田中幸夏 内野手 主将)
みんなが繋いでくれて形になりました。打つ方は調子がよくなかったのでしっかり守りました。すごく思い出に残る大会になりました。シーズンで悔しい思いをしているので、この大会で優勝出来てよかったです。

(ディオーネ 宮原臣佳 投手 最優秀選手賞を獲得)
こんなに嬉しいのは初めて。素直に涙が出ました。みんな疲れもあったと思いますが、投げて打って守って全員で勝ち取った優勝です。ピッチング、バッティング共に好調で今までにない感覚でした。いい意味で気負いもなく、引退選手を笑顔で送り出したかったので今季最後の試合を優勝で終えることが出来、心から嬉しいです。

(ディオーネ 新原千恵 外野手 今季限りで引退を発表しているため現役最後の試合)
選手でいられる時間をみんなが作ってくれたので、本当に嬉しかった。(最後のウイニングボールを掴んだ瞬間は)本来はひかり(橋本・中堅手)が取れたと思うが、譲ってくれたのかなと思う。みんながこの優勝を掴み取らせてくれました。今までで一番いい試合だったと思います。

11月4日決勝の結果
静岡草薙球場
ディオーネ 8-1 アストライア
※ディオーネは前身の兵庫スイングスマイリーズを含む、2度目の優勝

【女子野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook


【関連記事】
第3回女子野球ジャパンカップ 準決勝 【ニュース - 女子野球関連】
第3回女子野球ジャパンカップ 2日目 【ニュース - 女子野球関連】
次の記事:
侍ジャパン 女子代表(マドンナジャパン)強化試合
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora