W杯4連覇目指す!マドンナジャパンが合同自主トレ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2014.02.25

加藤 優外野手(アサヒトラスト)

 一方、野手で、報道陣の注目を浴びていた選手の一人が外野手の加藤 優選手(アサヒトラスト)。幼稚園のころから野球を続け、高校1年の2月からクラブチーム入り、卒業を控える現役の高校3年生だ。代表入りは初めてながら、中学2年、高校1年の時もセレクションに挑戦、「落ちたけど、代表合宿には呼んでいただいて、参加していた」という。

 今回、初めて合格しての合宿参加となり「緊張していたけど、思ったより楽しかった。合宿では小技を中心に練習したので、これからチームに持ち帰りたい」と笑顔を交えつつ、話した。同じアサヒトラストの外野手で、前回W杯ではキャプテン、今回の候補選手の一人でもある志村亜貴子選手があこがれ。
「志村さんは野球だけでなく、私生活もすべてにおいてかっこいい。志村さんの背中を見てやってきて、高3になってからは特に、ジャパンのユニフォームを着たいという思いが強くなった。元気なところなど、なんでもアピールして、少しでも監督の目に留まりたい」と明るく話した。

 大倉監督は、
「今回の合宿については、チームとしての意識づけを伝えたいということと、初の顔合わせなので、早めにコミュニケーションをとるということがテーマになった。あとは、何をしなきゃいけないのかということの確認。今はできる、できない、ということは望んでいない。今回のことを踏まえて次の合宿までの宿題にしてもらえたら」と語る。

 また、
「失点しない、得点する、そういう確立を考えた野球をやっていきたい。高校生が多いが、高校生にはこれから伸びることを期待している。ベテランには、経験してきたことを若手に伝えていってもらえたら。W杯4連覇を目指すというのではなく、この一大会、というのしか考えていない。今回1回に、全員で全力を尽くしていきたい」という。加えて「プロ、アマ問わずにジャパンを編成したい気持ちがある」ということも明かした。

 まだスタートしたばかりの日本代表チーム。どんなチームができあがるのか、そして、日本開催となる9月のW杯での成績は―。今後に大きな注目が集まりそうだ。

【女子野球ドットコム編集部】



【関連記事】
侍ジャパン女子代表最終候補、プロ6人含む22人選出 【ニュース - 女子野球関連】
侍ジャパン 女子代表(マドンナジャパン)強化試合 【ニュース - 女子野球関連】
前の記事:
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝!
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora