【インタビュー】イースト・アストライア 川端友紀選手(後編)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.07.16

イースト・アストライア 川端友紀選手

■女子野球ドットコム 独占インタビュー NEW!!
イースト・アストライア 川端友紀選手(後編) 

 女子プロ野球界を代表する選手として、注目を集めている川端友紀選手。リトルリーグで野球を始め、中学校からはソフトボール選手として活躍。オリンピック出場の夢を目指していたが、一転、2009年、日本女子プロ野球機構による第1回合同トライアウトに参加し合格。京都アストドリームスでプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。
 2013年、リーグの再編に伴いイースト・アストライアへ移籍。今、最もアツい選手の一人です。
 後編はソフトボールから女子プロ野球の世界に踏み入れた時の話、国際大会の思い出、これからの課題について伺いました。(続きを読む)

【目次】
[1]ソフトボールから女子プロ野球の世界へ
[2]初めての国際大会出場から学んだこと
[3]走攻守三拍子揃った選手になるための課題

■バックナンバー
第1回 イースト・アストライア 川端友紀選手(前編)

【女子野球ドットコム編集部】


【関連記事】
球界初の兄妹プロ野球選手が挑む、狙うは「首位打者」。 【ニュース - パートナー情報】
第11回 ノース レイア 佐藤 千尋 選手(後編) 【2014年インタビュー】
日本女子プロ野球リーグ コンベンション2013 【ニュース - 女子野球関連】
第2回 イーストアストライア 川端友紀選手(後編) 【2013年インタビュー】
第1回 イーストアストライア 川端友紀選手(前編) 【2013年インタビュー】
次の記事:
ヴィクトリアシリーズ第6戦 オールウエスト、対戦成績を5分に戻す!
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora