サムライ打線の狙い球 (台湾代表編)

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.03.08

▲On The BASEでサムライJAPANの狙い球を分析

WBC2013のサムライジャパンの配球や狙い球戦術を
分析ツール「On The BASE」で徹底分析!

データ&スコアを徹底分析!On The BASE
第4回 日本打線の狙い球 (台湾代表編)

 今回、このコラムでは、配球や狙い球から、戦略を組み立てたり、相手チームの分析を行うOn The BASEを取り入れていきます。
 このOn the BASEの最大の特徴は、サインプレーも然ることながら、配球や狙い球という目に見えない作戦の戦略立案に特化しており、簡単な記入方法で多様な分析を状況に応じてスピーディー行うことができます。
 また、チームに不足しているな技術スキルや個人的な改善点を試合の戦略ベースで発見し、組み立てていくことが可能で、「頑張っているのに試合で結果が出ない選手の原因解明」「実力的には勝っているのになぜか接戦になって負けてしまう」といったチームの穴を埋めるためにも使えるスコアの付け方です。
 On The BASEにて台湾代表投手陣の分析を行いました。分析結果から、各投手の制球の特徴や日本打線がどのような狙い球の絞り方をしてくるのか、見どころをご紹介します。(続きを読む)

■バックナンバー
第3回 日本打線の狙い球 (キューバ代表編)
第2回 日本打線の狙い球 (中国代表編)
第1回 日本打線の狙い球 (ブラジル代表編)

【On The BASE】

【関連記事】
サムライ打線のタイミング(プエルトリコ戦から学ぶもの) ~見直すべき課題とは何か~ 【ニュース - コラム】
ドミニカ共和国代表の投手陣 【ニュース - コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
三井ゴールデン・グラブ賞との“黄金コラボ”スタート!!