• トップ
  • ニュース一覧
  • データから見る野球の楽しみ方 第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク

データから見る野球の楽しみ方 第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2014.06.07

ゴロ%とゴロアウト%の性質の違い

新コンテンツ『データから見る野球の楽しみ方』
今回のテーマは「ゴロを打たせること」

■データから見る野球の楽しみ方
第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク

 広島が強い。低迷から抜け出しクライマックス・シリーズ(CS)初出場を果たした去年を上回るペースで勝ち星を積み重ねている。投打共に好調だが、前田 健太を軸とする投手陣は特に盤石に映る。
 広島の投手陣の特長は、ゴロを打たせそれがよくアウトになっていることだと言われる。実際「投手が打たれた全打球に占めるゴロの割合」は、去年セントラル・リーグでトップの53.9%。今年も交流戦前までの数字だが、巨人の51.4%に次ぐ2位の51.1%を記録している。
(リーグ平均は48.7%)(続きを読む)

【ベースボールドットコム編集部】

【関連記事】
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」 【ニュース - コラム】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として 【ニュース - その他】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第96回 横浜DeNAの山崎康晃が新人記録となる9試合連続セーブ!【Weekly TOP5】

コメントを投稿する

前の記事:
【『モーニング27号発売!!】最新話公開! 夏之介vs.年棒10億オーバー!
次の記事:
【Weekly TOP5】北海道日本ハムの大谷翔平がパリーグ史上最速の160キロを計測!