データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2014.12.11

2014年パ・リーグ得点関連の記録

新コンテンツ『データから見る野球の楽しみ方』
今回のテーマはデータで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編。

■データから見る野球の楽しみ方
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編

 前回のコラムに引き続き、2014年のペナントレースをデータの側面から振り返っていく。今回はパ・リーグ編。最後の最後までもつれた今年のパ・リーグ。データで見るとそれぞれのチームの能力はどうなっていたのだろうか。

 攻撃面では得点数でトップのソフトバンクは、打率、出塁率でリーグトップ。他の5チームを引き離す数字を出している。ただその中身を見てみると、他のチームと比べてより多くの四球を選んでいる、あるいは長打の割合が大きかったというよりは、とにかく打率が高かったことがその理由といえそうだ。(続きを読む)

【ベースボールドットコム編集部】

ベースボールドットコムTwitter
ベースボールドットコムfacebook
【関連記事】
2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】 【ニュース - コラム】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰? 【ニュース - コラム】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第6回 成績の平均値を考慮すると見えてくるもの【データから見る野球の楽しみ方】

コメントを投稿する

前の記事:
【Weekly TOP5】田中将大の移籍先がニューヨークヤンキースに決定!