カリブ海に浮かぶ島・プエルトリコの驚きの野球事情

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.06.16

プエルトリコの野球事情

【新企画スタート!中南米野球の情報をお届けします!】
カリブ海に浮かぶ島・プエルトリコの驚きの野球事情

 パキスタン代表監督でもあり、今年4月までイランの代表監督も務めていた色川冬馬氏。かつて、自身もプエルトリコでプレーしていたこともあり、そのつながりで、現在は、東北の13歳以下の子どもたちをプエルトリコで行われる「ラテンアメリカ野球選手権」に出場する機会を生み出す活動も行っています。今回は、そんな色川さんから、プエルトリコの野球事情について教えて頂きました!

カリブ海に浮かぶ常夏の島、プエルトリコ。国土面積は四国の約半分であるが、野球熱で言えば世界でも指折りの野球大国であることは、前回のWBCで日本を撃破したことで証明されているであろう。

日本のNPB選手も派遣されているプエルトリコウィンターリーグで有名な国だが、一年を通してプロ野球リーグが運営され、この島国独自の運営・育成方法があることを紹介していきたい。(続きを読む)

【目次】
[1]プエルトリコと野球の関わり
[2]プエルトリコの驚きの野球事情
[3]カリブ野球の洗礼

【ベースボールドットコム編集部】

ベースボールドットコムTwitter
ベースボールドットコムfacebook
【関連記事】
第1回 カリブ海に浮かぶ島・プエルトリコの驚きの野球事情【中南米野球】

コメントを投稿する

前の記事:
【『モーニング13号発売!!】最新話公開!夏之介、アメリカで投げる!!