「四国アイランドリーグplus」の魅力

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.04.07

▲愛媛マンダリンパイレーツ 河原純一選手

新連載!四国アイランドリーグを100倍楽しむコラム
第2回は四国アイランドリーグplusの魅力を紹介!

■四国アイランドリーグを100倍楽しむコラム
第2回 「四国アイランドリーグplus」の魅力

 今回の第3回WBCでは打席に立つたびに「独立リーグ出身初の首位打者」と紹介がされていました角中勝也外野手(千葉ロッテ)。その角中選手は日本航空二高卒業後2006年に四国アイランドリーグ(当時名称)・高知ファイティングドッグスで85試合出場。253打数64安打・打率2割5分3厘。打点28の成績をマーク。千葉ロッテに大学・社会人ドラフト7位指名を受けています。

 角中選手の他にも、まだまだ四国アイランドリーグplus出身選手はいますよ!(続きを読む)

■バックナンバー
第1回 四国アイランドリーグplusって、どんなリーグ?

【独立リーグドットコム編集部】

【関連記事】
いよいよ始動! 『グラゼニ』×四国IL plus コラボアイテム紹介!! 【ニュース - グラスポ】
四国アイランドリーグplusって、どんなリーグ? 【ニュース - グラスポ】
次の記事:
【インタビュー】日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身) 【前編】