【『モーニング6号発売!!】夏之介が2度目の登板へ――!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.01.08

モーニング公式サイトはこちらから

みなさま、新年あけましておめでとうございます!
本日、2015年初発売となる『モーニング』6号が発売です!!
目印となる表紙は、『会長 島耕作』だ!!

2015年最初の『グラゼニ~東京ドーム編~』、いったいどんな話か、さっそくいってみましょう。

初登板は0失点とはいえ、決して最上の内容だったわけではない夏之介にとって勝負所は続きます。

そして勝負所といえば、同じ移籍組の富士野泰山選手もまたしかり!

年棒4億円の高給取りが開幕から16打数0安打……周囲も黙っちゃいません。
4億円までグラゼニを掘り起こした選手ですから技術的には申し分ないはずなのですが、いったい彼になにが起きているというのか?

そんなときにヒントをくれたのが初登場・徳川安則ヘッドコーチ。

いやー、選手にとって、復調のきっかけはどこに転がっているか分かったもんじゃありません!

しかし、プロというのは、いつも通りにプレーするということがとっても難しいんですねー。東京ドームとなるとなおさらであります。

「Hell or Heaven14」では勝負に生きる男たちの仕事術が垣間見えます!仕事始めの週に喝を入れたい男子諸君、必見でございますぞ!

『グラゼニ』最新話はこちらでも読めます!
漫画業界初!週刊コミック誌定期購読サービス『モーニング』の電子書籍版『Dモーニング』、お得な月額500円読みホーダイで配信中!

こちらの記事もチェック!

『グラゼニ』最新作が毎週iPhone/iPadで読めるぞ!
【きました最新刊!】『グラゼニ』16巻発売!!

■ベースボールドットコムに特設サイト更新中!



【関連記事】
【『モーニング』46号発売!!】夏之介Jr.が……!! 【ニュース - グラスポ】
【『モーニング』45号発売!!】夏之介、細くなって太くなって? 【ニュース - グラスポ】
前の記事:
【Weekly TOP5】日米野球は日本が24年ぶりの勝ち越しで閉幕