【侍ジャパン】 新潟で野球指導者スキルアップ講習会を開催!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.02.09

 走塁を指導する 仁志敏久氏

新潟で野球指導者スキルアップ講習会を開催!

 2月7日、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で、侍ジャパンが主催する本年度最後の「野球指導者スキルアップ講習会」が開催された。この講習会では、小中学生の野球指導者を対象とし、選手を指導・育成するにあたっての正しい知識と指導法などを学んでもらうための内容が組まれている。
この日、講師として、侍ジャパンのコーチ陣も多く参加。鹿取義隆氏(侍ジャパンテクニカルディレクター/侍ジャパントップチーム投手コーチ/15U代表監督)、仁志敏久氏(侍ジャパントップチーム 内野守備・走塁コーチ/12U代表監督)、里崎智也氏(2006WBC日本代表/北京五輪日本代表)、梶山義彦氏(シドニー五輪日本代表/元三菱ふそう川崎)がそれぞれ講座を担当し、守備・打撃・走塁など各分野において、参加者たちに向けて、熱く指導にあたった。

 また、侍ジャパン公式栄養サポートパートナーである株式会社明治の管理栄養士で、2014侍ジャパンの18Uを担当した管理栄養士・柴田麗氏も登壇。野球選手に必要な5大栄養と食事、また水分補給の重要性を説いた。
閉会式では、仁志氏が、
「指導者には、知識、経験、表現力の3つが必要です。本を読んで分かった気になるのではなく、得た知識を自分でやってみて、経験として子どもたちに伝えていってほしい」と語るなど、約6時間に及ぶ講習会が終了した。野球指導者スキルアップ講習会は、日本野球のレベルアップに向けて、来年度以降も定期的に開催する予定だ。

【ベースボールドットコム編集部】

ベースボールドットコムTwitter
ベースボールドットコムfacebook
【関連記事】
侍ジャパントップチーム、オランダに逆転サヨナラ! 【ニュース - コラム】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
侍ジャパントップチーム、メキシコに快勝!その立役者は? 【ニュース - コラム】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第7回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「ハツラツとしたメキシコ打線!侍ジャパン投手陣を攻略!」【侍ジャパン 世界一への道】
第3回 プロ野球へ最も選手を輩出している社会人野球チームは?【知って得するドラフト豆知識!】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】
明学東村山 【高校別データ】
前の記事:
【インタビュー】陽 岱鋼選手、大引 啓次選手から稲葉選手へのメッセージ