• トップ
  • ニュース一覧
  • 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い

野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.02.03

野村 謙二郎氏

【侍ジャパン 世界一への道】
野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違いNEW!!

 昨年、第1回を終えた「世界野球2015WBSCプレミア12」を終え、今年は3月5日・6日にナゴヤドームでのチャイニーズ・タイペイとの強化試合。そして2017年の「第4回WBC」での世界一奪回へ向かう侍ジャパントップチーム。毎年のように様々なスタイルの野球や選手たちと戦っている彼らの姿を見ると、改めて世界野球の「奥深さ」を感じずにはいられない。

 では、その奥深さの理由や真髄とは?今回は現役時代、佐伯鶴城高(大分)・1988年のソウル五輪で銀メダルを獲得した駒澤大を経て1988年のドラフト1位で入団した広島東洋カープでの17年間で通算2020安打、1995年には打率.315・32本塁打・30盗塁のいわゆる「トリプルスリー」を達成。さらに昨年までは5年間、広島東洋カープの監督を務め、現在は野球解説者をはじめ多方面で活躍する野村 謙二郎氏が、自身とアメリカをはじめとする世界野球とのかかわりや、昨年7月に野球教室で訪れたスリランカでの体験を熱く語る。

 前編はアマチュア時代から広島東洋カープ監督時代までのお話。文化の違いを理解した選手への接し方など、今だから話せる秘話も披露して頂きました。(続きを読む)

【目次】
[1] 日米大学野球・ソウル五輪で受けた世界野球の印象
[2] MLBへの想いと海外自主トレで学んだこと
[3] 日本と世界の「スタイル」差を理解し、活かす

【ベースボールドットコム編集部】

ベースボールドットコムTwitter
ベースボールドットコムfacebook
【関連記事】
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」 【ニュース - コラム】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として 【ニュース - その他】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】
第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!【Weekly TOP5】
駒大岩見沢 【高校別データ】
駒大高 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
佐伯鶴城 【高校別データ】
前の記事:
【『モーニング29号本日発売!!】最新話公開! 子供3人、年棒1500万パパの戦い!