上原 健太(明治大学)

上原 健太

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

上原 健太

大学:
明治大学
所属リーグ:
東京六大学野球連盟
球歴:
広陵
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
190cm
体重:
85kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
  • 短評
    コラムから抜粋 創価大戦

    このゲーム、1~2年後のドラフト候補がたくさん出場した。

    まず、広島スカウト陣が早くも来年(2015年)の1位入札を表明した上原 健太(明大3年・広陵・左左・190cm/86kg)はポテンシャル(潜在能力)の高さでは文句なく大学球界屈指と断言できる。長身を利したオーバーハンドから最速151キロのストレートを投げ込み(この日の最速は145キロ)、縦割れのスライダーのキレも文句なし。自分たちの手で歴史に名を刻む左腕投手を育成したい、プロのスカウトなら例外なくそう思う投手だろう。今日も広島スカウト陣はビデオ撮影にスピードガン計測と忙しく立ち働いていた。課題は狭いステップ幅。

    「下半身が前に乗って行って、少し遅れて上半身がついていく」これが理想的な投球フォームだが、上原はステップ幅が狭いので、上と下が同時に投げに行っているように見える。このへんが改善されたらプロでも大成できると思う。

    コラムから抜粋 徳山大戦

    そして7回表二死から、上原 健太(3年・広陵)。

    来年のドラフト候補と期待される投手で、190センチと恵まれた体格。この投手の凄さは、この身長にしては類まれなバランス感覚が備わっていること。
    ワインドアップからゆったりと振りかぶり、右足を高々と上げながらもバランス良く立つことができており、滑らかに体重移動を行いながら、強い腕の振りができている。いわゆる上半身と下半身が連動したフォームである。最後の打者に対しては2球で打ち取り試合終了。
    情報提供:2015.10.21

コメントを投稿する