井口 和朋(東農大北海道オホーツク)

井口 和朋

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

井口 和朋

大学:
東農大北海道オホーツク
所属リーグ:
北海道学生野球連盟
球歴:
武相
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
177cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
  • 短評
    観戦コラムから抜粋
    井口には先発として投げるつもりで、調整の指示をしていたようだ。マウンドに登った井口は好投。177センチ73キロと投手として上背がある投手ではないが、右スリークォーターから投げ込む直球は常時135キロ~140キロ中盤(最速145キロ)を計測。
     威力ある直球を投げ込む投手で、2回一死二塁から5者連続三振を奪った投球は圧巻だった。

    観戦コラムから抜粋
    風張蓮(4年・伊保内)が不調で、先発のマウンドに登ったのは、井口 和朋(3年・武相)だ。ノーワインドアップから始動し、左足を高々と上げた後、着地した時の左ひざが突っ張りながらも、上半身を鋭く振り下ろすフォームだ。
     意識していることは「強く腕を振ること」。球速は常時130キロ後半~143キロ。145キロを計時した京都産業大戦(試合レポート)よりも球筋は安定しており、威力ある速球が両サイドへ決まる。まだまだ速球の威力は増していきそうだ。
     縦に落ちるスライダー、スプリット、チェンジアップと縦の変化を使う事が多い投手で、高校時代から縦の変化を使って空振りを奪う投球スタイルが光っていた。しっかりと腕が振れているので、打者の手元で鋭く落ちて空振りを奪うことが出来る。6回を投げて6奪三振、無失点。また自ら先制打を放ち、1対0のリードを保ったまま降板。
    情報提供・文:2014.11.21 河嶋 宗一

コメントを投稿する