第7回 JX-ENEOSの強さと、東京ガス坂井の魅力2013年07月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

プロ野球ドラフト会議2013特設サイト

 さてJX‐ENEOS対東京ガス戦だが、4回に東京ガスが3安打と相手エラーを絡め3点を奪い、3対0のまま終盤に突入したときはこのまま東京ガスが勝つのかなと思った。
東京ガスの先発、高山 亮太鷺宮製作所からの補強)が繰り出す多彩な変化球にJX‐ENEOS各打者はまったくタイミングが合わず、4回までヒットはおろか出塁した選手もいない始末。この高山が7回2死一、二塁の場面で降板してから試合はめまぐるしく動いた。

7回はリリーフ陣が何とか無失点に抑えたが、8回に入って東京ガスが3人目の白井 浩樹をマウンドに送るとJX‐ENEOS各打者は猛然と白井に襲いかかって1点奪い、さらに4番手の山崎雄飛にも連続長短打を浴びせ逆転してしまった。

ノックアウトされた白井は投球フォームに悪いところがなく、最速142キロのストレートにもキレがあり、今後ドラフト候補に挙がってくる選手だ。
山崎も同様に、120キロ台後半のフォークボールに威力があり、澤村拓一(巨人)とともに中大のマウンドを守っていた頃の勢いを取り戻している。それでもJX‐ENEOS打線は2人を攻略している。5年間で2回優勝している実績はだてではない。

エキサイティングプレイヤー: 建部賢登(東京ガス) / 坂井貴文(東京ガス)

坂井貴文(東京ガス)

これまで名前を挙げた以外にも目立った選手がいるので挙げていこう。

東京ガスでは1番・建部賢登(23歳・右翼手・右投左打・170/70)がよかった。4回に3点目の走者を迎え入れる長打を放ち、このときアウトになったが打者走者としての三塁到達タイムは何と10.97秒。今季、東京六大学のリーグ戦で明治大の髙山 俊が10.97秒を計測していて、2人が現在のところナンバーワンを分け合っている。

5番・坂井貴文(25歳・中堅手・右投左打・175/76)もよかった。ボールから最後まで目を離さないのが坂井の真骨頂

で、この日はキャッチャー寄りでボールを捉えて4回と6回にはレフト前とセンター前にきれいに打ち分けている。このときの打者走者としての一塁到達タイムが4.30秒。振り抜いた打球だったことを考えれば見事な全力疾走と言っていい。

このページのトップへ


【次のページ】 JX-ENEOSの強さと、東京ガス坂井の魅力(3)


【関連記事】
第6回 ドラフト候補・TDKの右腕、豊田拓矢の可能性【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】
第5回 白熱したゲームで見つけた逸材・森唯斗!ドラフト候補・東明大貴の調子は?【ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポート】