時代を映してきた都市対抗野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 時代の流れの中で、企業スポーツの基盤に変化2012年07月15日

 プリンスホテルが躍進して、さらには流通業界からニコニコドーやヨークベニマルなどが姿を表すようになって、都市対抗野球の本大会出場チームにも徐々に変化が表れきはじめていた。というよりも、都市対抗が時代を映すという視点からすれば、80年代から90年代という流れは見逃してはいけない時代である。
 図らずも、80年代末に昭和が終わり、新しい時代として平成がスタートするピークを迎えていた昭和の経済事情は、やがて「バブル」という呼ばれ方をしていく。それはつまり、本質は何もない泡のようなものだという意味でもある。そんな中で、企業スポーツのあり方も明らかに変化が生じてきた。

 電電公社がNTTとなったのが85年。それから5年を経て90年の第61回大会にはNTT勢は東北、東京、東海、北陸、四国と5チームが出場している。全国ではさらに、北海道はじめ信越、関東、九州と、各地にチームがありそれぞれが予選では強豪として本大会出場を狙う位置にいた。民営化されても、まだまだ電電時代の名残もありNTT勢が有力チームとして都市対抗を支えていた。

 同じく民営化された国有鉄道の鉄道局はJRとなりチーム数が激減するとともに、本大会に出場するのも88年の東海、90年の東日本以降、95年のJR四国まで遠ざかる。かつて、都市対抗を引っ張ったのが鉄道局だっただけに、隔世の感がある。
 それに、三公社五現業のうちの一つ専売公社も民営化によって日本たばこと名前を変え、89年からはチーム名もJTとなって出場していた。専売公社といえばバレーボールの名門でかつて専売広島というチームに、日本を代表する名セッター猫田勝敏がいて日本リーグで健闘していた時代もあったのだが、そのバレーボールチームもJTと名称を変更している。やがて、男子は消滅し女子だけは現在もVリーグの主力チームとして頑張っている。余談ではあるが、女優の江角マキコさんもJTバレーボール部に所属していた。
 また、バレーボールの名門で、都市対抗野球でも2度の優勝を果たすなど一時代を築いていた川崎市・日本鋼管も呼称をNKKと変えた。それとともに、以前は日本鋼管福山として別チームだった福山市・NKKに統合される形になっていった。こうした名門チームが名称を変えながら、やがて企業統合などによって、徐々に様相を変えていくのもこの時代の特徴的な動きの一つでもある。
 まさに、時代を映し出す都市対抗という意味では、80~90年代というのはもっとも大きなターニングポイントとなっていた時代なのかもしれない。ピーク時には250を超えていた企業チーム数も、この頃から徐々に減少傾向を示し始めるが、それが90年代後半からは加速度的に進んでいくことになる。


【次のページ】 時代の流れの中で、企業スポーツの基盤に変化(2)


【関連記事】
第8回 伝統ある都市対抗野球も、新時代突入となるか(最終回)【時代を映してきた都市対抗野球】
第7回 21世紀になって、都市対抗野球にもさまざまな変化が・・・【時代を映してきた都市対抗野球】
第5回 社会人野球の使命、都市対抗野球の役割【時代を映してきた都市対抗野球】
第4回 社会人野球最盛期の後楽園球場【時代を映してきた都市対抗野球】
第3回 60年代の時代背景と都市対抗野球全盛時代【時代を映してきた都市対抗野球】

コメントを投稿する