第22回 新日鐵住金かずさマジック 田中健 選手2014年01月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1年目から活躍する同世代の選手に刺激を受ける
[2]チーム、個人ともに飛躍した2年目のシーズン
[3]日本代表のショートを目指す

チーム、個人ともに飛躍した2年目のシーズン



第84回都市対抗野球大会でのワンシーン。3位の旗とともに挨拶(新日鐵住金かずさマジック)

――今年の都市対抗で印象に残った試合は何でしょうか?

田中 都市対抗だと準々決勝のパナソニック戦(2013年7月21日)です。逆転した9回ですね。一死一塁で回ってきて、投手は秋吉 亮(東京ヤクルト3位)さん。2ストライクに追い込まれたのですが、コースへギリギリに投げるスライダーを狙い球に絞ってセンター前へ運ぶバッティングを心掛けました。
 結果センター前ヒットを打ち、つなぐことができて、そのあとの2番の落合さんの逆転タイムリーで勝利することができました。この試合で感じたことは、チームとして、一人一人が自分のスタイルでやれば、良い試合ができるのだということです。 
  大会前のオープン戦からでも、自分たちの野球をすれば、負けないと分かってきたので、大舞台で1試合ずつ勝つことでチームとしても自信をつけた大会となりました。

――その後の準決勝でJR東日本に敗退。この試合で得たものはありますか?

田中 JR東日本は慣れているというか、落ち着いていてどっしりしている。自分たちは勝ちたい、勝ちたいという気持ちが出ていて、焦りがあったのかなと思います。都市対抗ではベスト4入りできたけれど、やっぱり負けたことは悔しかったです。試合後は、チーム全体で日本選手権までの自分たちの課題を話し合いました。

打席に向かう田中健選手

――それでは、その日本選手権を振り返ります。この大会でキーポイントとなった試合はどの試合ですか?

田中 初戦のヤマハ2013年10月28日)が一番苦しかったですね。あの試合は本当に苦しくて、先発投手がずっと投げていたら最後まで分からなかったですね。

  途中から出場した山縣(有輔)(独占インタビュー 第4回 新日鐵住金かずさマジック 山縣有輔選手)さんが打ったことで、チームは勢いに乗って、9回裏に3点を入れて逆転サヨナラ勝ちを決めることができました。あの試合に勝ったことで、いけるな!と思いましたね。

――田中選手といえば、逆方向に打ち返す打撃が上手い印象を受けたのですが、元から右打ちの打撃は得意だったのでしょうか?

田中 体が開いてしまうと引っ張った打球になってしまうので、基本であるセンターから右方向を常に意識しています。今年は、体が開かないバッティングが出来たことが大きかったと思います。

――社会人には様々なタイプの投手がいます。そういった投手に対応するために構え、タイミングの取り方で工夫していることを教えていただけますか?

田中 タイミングは遅くなったらダメなので、どんな投手でも先に、先にというのを心掛けます。投手が動き出す前からタイミングを取り始めることをどの投手でも共通してやっています。社会人に入ってから工夫し始めたことは、真っ直ぐを狙って打つだけではメだと思って、真っ直ぐ、変化球ともに、打てるようになるには先にタイミングを取って、打つまでの間をしっかりと作らないと打てないので、先に待つための時間を作るようになりました。

――今年、自分の打撃ができたと最も感じた試合は、どの試合ですか?

田中 トータルでいうと日本選手権になるんですけど、初球から思い切り狙って本塁打を打った準決勝の東京ガス戦(2013年11月6日)と、準々決勝のJFE東日本戦(2013年11月5日)は5打数4安打を打って、その試合では2ストライクに追い込まれてから二塁打、三塁打を打てました。2ストライクに追い込まれてからしっかりと自分の役割ができたことが多かったので、自然と結果もついてきたと思います。

――田中選手の打撃を見ると、大学時代と比べるとパワーアップした印象を受けます。体作りで取り組んだことを教えてください。

田中 技術的には開かないことぐらいです。大学の時はトレーニングをしていても、漠然とやっていました。でも社会人に入ってパワーは大事だなと感じはじめて、ウエイトトレーニングの効果を考えながら、積極的にやり始めました。一つ一つのトレーニングにはどういう意味があるのかをしっかりと頭に入れてトレーニングしているので、筋肉の付き方も違いますね。

このページのトップへ


【次のページ】 日本代表のショートを目指す


プロフィール

田中 健(たなか・けん)
田中 健(たなか・けん)
  • 所属:筑陽学園高校-日本大学-新日鐵住金かずさマジック
  • チーム在籍年数:2年
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:170センチ/72キロ
  • 1989年11月1日生まれ
  • 2013年 社会人ベストナイン受賞(遊撃手部門)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
侍ジャパン社会人野球日本代表vs横浜DeNA(ファーム)【侍ジャパン強化試合】
第1回 第84回都市対抗野球大会 総集編MOVIE (1回戦~準決勝編)【ドキュメンタリーMOVIE】
第16回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 新日鐵住金かずさマジック(君津市)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
第4回 新日鐵住金かずさマジック 山縣有輔選手 【2012年インタビュー】
田中 健(大垣日大) 【選手名鑑】
筑陽学園 【高校別データ】

インタビュー