梶原康司選手(パナソニック)最終回 「黒獅子旗への挑戦」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.11.09

▲梶原康司選手(パナソニック)

■連載コラム Human NEW!!
『挑戦』 梶原康司選手(パナソニック)
最終回 黒獅子旗への挑戦

 2013年夏。パナソニック野球部は3年連続48回目となる都市対抗野球大会出場を果たした。梶原は4番ファーストとして全試合に出場し、都市対抗本大会では打率5割をマーク。チームは1、2回戦を勝ち進み、初の優勝への期待が高まったが、準々決勝で新日鐵住金かずさマジックに逆転敗戦を喫し、本年度の黒獅子旗への挑戦は終わりを告げた。

 9月下旬、パナソニックの練習場へ足を運んだ。そこには次なる目標である日本選手権大会に向けて、精力的に汗を流す、真っ黒に日焼けした梶原の姿があった。
 練習終了後、パナソニックの4番打者と約4か月ぶりに話をする機会に恵まれた。(続きを読む)

連載コラムHuman 『挑戦』 梶原康司選手(パナソニック)

第9回 パナソニックで野球をやることができて、本当によかった
第8回 社会人で気付いた「バッティングの根拠」
第7回 戦力外通告を受けた日
第6回 一軍昇格への壁
第5回 阪神タイガースの下積み時代
第4回 果報は寝て待て
第3回 プロの世界を意識した日
第2回 涙にくれたシーズン
第1回 ターニングポイント

【社会人野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

【関連記事】
【独占インタビュー】パナソニック 近藤 大亮投手 【後編】様々な方々から得た「恩」に応えるために 【ニュース - インタビュー】
第27回 パナソニック 近藤 大亮投手 【後編】様々な方々から得た「恩」に応えるために 【2015年インタビュー】
【独占インタビュー】パナソニック 近藤 大亮投手 【前編】「野球にかかわる」から「プロ野球選手を目指す」への道程 【ニュース - インタビュー】
第26回 パナソニック 近藤 大亮投手 【前編】「野球にかかわる」から「プロ野球選手を目指す」への道程 【2015年インタビュー】
トヨタ自動車vsパナソニック【第40回社会人野球日本選手権】
パナソニックvsJFE西日本【第40回社会人野球日本選手権】
第9回 【山本隆之さん】第32回大会(2005年)「一社会人の投手のポジションを確立できた大会」【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】
東京ガスvsパナソニック【第39回社会人野球日本選手権】
新日鐵住金かずさマジックvsパナソニック【第84回都市対抗野球大会】
第6回 第84回都市対抗野球大会 出場チーム紹介 パナソニック(門真市)【第84回都市対抗野球大会 チーム紹介】
JX-ENEOS(横浜市) vs パナソニック(門真市)【第83回都市対抗野球大会】
梶原康司選手(パナソニック)
延岡学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【第41回社会人野球日本選手権】昨年覇者・トヨタ自動車が初戦敗退!1回戦2試合をレポート!