日本選手権 思い出のベストゲーム 「初出場で4強入りを果たした新日鐵広畑の記憶」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.10.29

日本選手権特別企画
私の思い出のベストゲーム NEW!!

第1回はスポーツライターの手束 仁氏に伺いました!

■第10回記念大会(1983年) 初出場で4強入りを果たした新日鐵広畑の記憶

 第10回記念大会となったこの年の日本選手権大会。会場となっているのは今はなくなっている大阪球場である。
 南海電車と近鉄電車の終点となっているなんば(難波)駅からほど近いということもあって、かつて「なんば球場」などと呼ぶ人もいて、親しまれた球場だ。

 プロ野球では、南海ホークスの本拠地として使用されていた。鶴岡一人監督がいて野村 克也捕手が活躍し、アンダースローの杉浦忠投手やスタンカ投手などがいて、日本シリーズも制したことがあるチームだった。もっとも、当時は低迷期となっていた。

(続きを読む)

第39回社会人野球日本選手権特設サイト

【社会人野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

【関連記事】
第1回 【手束 仁】 第10回記念大会(1983年) 初出場で4強入りを果たした新日鐵広畑の記憶【日本選手権 特別企画 『思い出のベストゲーム』】

コメントを投稿する

次の記事:
【謹賀新年】2016年も素敵な一年になりますように。