JABA京都大会最終日!日本生命が6大会ぶりの優勝!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.05.02

京都大会は日本生命がV!

京都大会!決勝は日本生命打線が爆発!

第64回JABA京都大会最終日は、2日にわかさスタジアム京都で準決勝と決勝が行われ、日本生命が6大会ぶり9回目の優勝を果たした。同チームは今秋に行われる日本選手権の出場権を獲得。2大会連続30回目の出場となる。

日本生命は準決勝で小林誠司の本塁打などでJX-ENEOSに快勝。決勝は同じ大阪のライバルであるパナソニックが相手となったが、1回に相手エースの秋吉亮を攻略し4点を奪った。中盤にも得点を重ね、7回に奪った1点で7点差とし、コールドゲームでの優勝となった。
最高殊勲選手賞には、決勝で7回無失点と好投した吉原正平投手が選ばれた。


大会最終日の結果
わかさスタジアム京都
≪準決勝≫
JX-ENEOS 2-6 日本生命
パナソニック 4-1 ニチダイ
≪決勝≫
日本生命 7-0 パナソニック

表彰選手
・最高殊勲選手賞:吉原 正平 (日本生命)
・敢闘賞:藤井 聖太 (パナソニック)
・首位打者賞:山本 真也 (日本生命) 18打数10安打、打率5割5分6厘



予選リーグの成績詳細はこちらから(JABA HPより)

応援メッセージはこちらから

【関連記事】
JABA京都大会!第4日結果 準決勝進出チームが決定 【ニュース - 社会人野球関連】
JABA京都大会!第3日結果 30日は雨天中止 【ニュース - 社会人野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
【日本選手権】決勝戦!JR東日本-JX‐ENEOSとの対戦に!